インタビュー

「カラオケでは、やっぱり聖子ちゃん!」武藤彩未「3つの“I”」インタビュー

2015年02月25日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ニューアルバム『I-POP』発売記念連載・武藤彩未「3つの“I”」。第2回目は「I=私」。ソロアイドルとして日々ストイックに歌のトレーニングに励む彼女。今回は友人や家族と過ごす、プライベートの時間について語ってもらった。

1996年4月29日生まれ。2月25日に2ndアルバム『I-POP』をリリース。4月29日渋谷公会堂で十代最後の誕生日を祝うSpecial Live「BIRTH」を開催。

——学校でも友達が多くて、さくら学院では生徒会長を立派につとめて……常に団体行動ですね。ライブの後もさくら学院メンバーとの写真をアップしていたり、卒業してもみんなで仲良しですよね。
 
武藤 そうです! 結構遊んでいます。
 
——友達と遊びに行くときは何をしていますか?
 
武藤 普通にカラオケとか、カフェに行ったりとか。仕事の話はしないですね。
 
——お気に入りのカフェはどこですか?
 
武藤 その時その時で入っちゃいますね。
 
——ちなみに友達とカラオケ行く時も、選曲はひたすら聖子ちゃんですか?
 
武藤 私、最新の曲が歌えなくって(笑)。流行の曲は友達が歌っているのを聴いて、私は聖子ちゃんばっかり歌っています。
 
——武藤さん世代だと、お友達は聖子ちゃんの曲を知らないですよね。
 
武藤 はい(笑)。でも、友達も私が気持ちよく歌っているのをみて楽しんでくれています。
 
——赤坂BLITZのライブMCでも学校でのテストの点数を発表されましたが、あまりの優等生具合にびっくりしました。お仕事の空き時間とか、移動中も勉強していたのですか?
 
武藤 結構つめこんじゃいます。中途半端は嫌いで、やるならやる! って。だから学校は大変でしたね。今思うとよく頑張ったなって思います。
 
——お仕事だけじゃなく、常に全力投球なのが伝わってきますね。
 
武藤 そうです。決めたらとことん! です。悪く言えば、頑固ですかね(笑)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 武藤彩未