ライブレポ

名回文・珍回文が誕生! さくら学院公開授業1限目レポート

2015年02月25日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院公開授業「回文の授業」1限目レポート@TFTホール500 2015.FEB.21


 さくら学院の今年2度目の公開授業が東京・有明のTFTホール500で行われた。「回文の授業」ということで、頭の回転の速さやボキャブラリーが問われそうな今回の授業。さくら学院の生徒たちはどんな回文を作ったのか?授業の模様をレポートする。


さくら学院公開授業「回文の授業」2限目レポート@TFTホール500 2015.FEB.21

DVD『さくら学院SUN! -まとめ-』

 今回の講師はお笑い芸人の手賀沼ジュン先生。ネパール生まれで10歳までネパールで育った純日本人という手賀沼先生、早稲田大学発のお笑いユニット「WAGE」で活動後、ミュージシャンに転身し、回文を取り入れたステージで「歌ネタ王決定戦2014」で見事優勝に輝いた。

 5人組の「WAGE」は実はさくら学院担任の森ハヤシ先生も所属したユニット(他の3人は現在の小島よしお・かもめんたるの岩崎う大と槙尾ユースケ)ということで、旧知の友人を講師に招いた形の森先生は終始リラックスしたムード。舞台の袖に友人が控えているということで珍しく観客を煽って拍手を求めた(笑)。そしてさくら学院の生徒たちから、誕生日に贈られたという新しいベストを嬉しそうに紹介した。

 さて1時限目の生徒は水野由結、野津友那乃、磯野莉音、山出愛子、岡田愛の5人。水野は「小学校で回文は習ったので大丈夫だと思う」と自信なさげ。さらには森先生が、誕生日プレゼントのベストを楽屋に置き忘れたことを暴露。「すごい悲しかった」と言うと、父兄たちは森先生にブーイング。森先生は「翌日生徒たちに豪華なケーキを差し入れしたのは、黙っとけって口止めの意味だったのに」とぼやいた。水野が「ミルクレープ美味しかったよ」とコメントすると場内は大拍手に包まれた。

 野津は「回文、全然わからないので、さっきスマホで調べようとしたらWi-Fiがつながらなくて調べられなかった」と笑わせた。磯野は「期末テストがやっと終わって誰よりもテンション高いので楽しみたい」と宣言。山出は「コイアデイマヤです!」と挨拶。すると周りの生徒たちは「まさか逆さま?」と回文でリアクションして沸かせた。山出はさらに「頭の柔軟性がないので回文は苦手かも知れないけど精一杯頑張ります」と続けた。

 岡田は「最近思ったんだけど、伊達は苦手です」と謎の告白。会場の父兄も意味がわからずどよどよとしてると、山出が「伊達が?」と助け船。岡田は「伊達が苦手です」と言い直すが、「それでもわからないよ」と森先生。どうやら「伊達が苦手だ」と回文を披露したかったのが間違えてしまったらしい。森先生は「ただ伊達さんをディスっただけかと思った」と苦笑いだ。

 ここで手賀沼先生が登場。挨拶代わりの回文パフォーマンスを披露する。「回文演歌」という演歌調の歌で、歌詞がすべて回文でできているという内容。1単語の短い回文から長い文章の回文まで驚きの構成で、「タマつかまれ、あれま、勝俣」という下ネタ歌詞に岡田は嬉しそうに爆笑。

 水野は「トマト先に言われた」、と言えば岡田は「徳川GACKT」がツボと笑う。磯野は「フツーに歌うまいな」と斜め上からの感想。こうした生徒たちに、果たして回文を教えられるのか? いよいよ授業開始だ。


次ページは、あの卒業生の名前で回文が誕生!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院 

          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース