トピックス

AKB48劇場の来場者数が100万人を突破!

2015年02月26日 23時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 AKB48の常設劇場として2005年12月にオープンした東京・秋葉原のAKB48劇場の来場者数が、25日に100万人を突破した。

 同劇場は2005年12月8日にオープンし、初日公演では250席の定員に対して観客が7名しか入らないなどの苦労もあったが、9年2ヵ月で動員100万人を達成した。

 この日は次期総監督の横山由依がキャプテンを務めるチームKのRESET公演だったが、100万人突破の記念セレモニーも行われ、入場前からロビーでは横山と初代AKB48劇場支配人の戸賀崎智信氏と湯浅洋AKB48劇場支配人がロビーで待ち構え、100万人目の観客をサプライズで発表し、横断幕と色とりどりの特効テープで祝福。

100万人目の観客となった女性は横山由衣(右)とツーショットで記念撮影 (c)AKS

 記念すべき100万人目の観客となったのは、大阪から来た19歳の女子大生で、今回が初の劇場公演観覧という強運の持ち主だ。

 横山から「AKB48劇場生涯フリーパスチケット」を贈られると女子大生は驚きとうれしさのあまり小刻みに震えながらも満面の笑みを浮かべて、「最初に言われた時は、ビックリしてよく分かりませんでした。今日(劇場に)初めて来て、ちょっとワクワクしていたくらいで…」。

 さらに、「大阪に住んでいるので、これから東京に来る時は毎回来たいと思います。今日、横山さんを観るのを一番楽しみにしていたので、横山さんに『関西弁やけど、どこの出身なん?』と聞かれてスゴくうれしかったです。横山さんが可愛すぎてドキドキしました。AKB48の曲では『ポニーテールとシュシュ』が好きで、よく聴いて元気を出したりしています」と明かした。

ファンへ感謝を伝える横山由依 (c)AKS

 また、公演中のMCコーナーでは改めてくす玉を割ってのお祝いも催されて、前後賞として99万9999人目と100万1人目の観客にも“前後賞”として劇場公演を無料で観覧できる招待券が贈呈された。
 
 横山は、「100万人を達成できたのも、本当に長くから応援してくださって、足を運んでくださったみなさんがいてくれたからだと思います。これから先、200万人、300万人と達成できるように、私たちも力を合わせて頑張りたいと思いますので、みなさん、これからも応援をよろしくお願いいたします」とさらなる飛躍を誓った。

この日は横山チームKによるRESET公演が行われた (c)AKS

  • 1373_ext_08_0.jpg
  • 1373_ext_08_1.jpg
  • 1373_ext_08_2.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: AKB48