ライブレポ

絵の具まみれで大騒ぎ! さくら学院公開授業2限目レポート

2015年02月27日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院公開授業「アートの授業2ライブペイント」2限目レポート@TFTホール500 2015.FEB.22

 17時半からの2時限目、生徒は水野由結、田口華、磯野莉音、倉島颯良、岡田愛の5人。冒頭、担任の森ハヤシ先生は「グッドモーリング!」と大賀のセリフをマネて沸かせる。登場した生徒たち、水野は斜めにした前髪をアピールし「可愛い!」の声援を受ける。田口は「今日は朝風呂だった、来る途中で新しいレッスン靴を買った」とご機嫌で語りつつ「絵が上手くなりたい!」とやる気満々だ。磯野は田口と色違いのお気に入りの髪飾りをつけ、テンション高めに「頑張ります!」と宣言。倉島も髪型の話。ずっとやりたかった編み込みカチューシャにできて嬉しそうだ。岡田は「お絵かきちゃんが苦手なので頑張りたい」と可愛くアピールした。

さくら学院公開授業「アートの授業2ライブペイント」1限目レポート@TFTホール500 2015.FEB.22

DVD『さくら学院SUN! -まとめ-』

 ここで登場した山下良太先生。優しくフワッとした雰囲気で、田口に「歯を食いしばれ!」と背中に気合いを入れられ、目を白黒させていた(笑)。しかし作品がスクリーン上に紹介されると、その躍動感の瑞々しさに生徒は皆目を丸くして驚く。ビデオで実際にライヴペイントする様子が映されると、「すごい!」とテンション高めになってくる。

 ここからは1時限目と同じく「アート伝言ゲーム」だ。1回目のお題はミミー(ウサギの姿をしたアミューズのキャラクター)。トップバッターの水野は、ミミーとはちょっと違うオリジナリティあふれる怖いウサギを描き上げて場内を沸かせる。水野は田口に「華、わかるよね?」と絵を見せるが、田口の作品はよくわからない新たな生物。絵を見た磯野は「気持ち悪い」の一言で、さっさと描き上げた絵はどちらかというと熊?倉島は苦笑いで「何あれ?」と場内を笑わせる。お化けのような身体を持ったコケシのような物体(笑)。岡田は「えー何これ?」と戸惑いながら、かわいいウサギの絵を何とか完成させる。

 答え合わせ、岡田は「ウサギさん」。倉島もウサギと答えるが、「死んでるよね?」とツッコむ森先生。森先生は「誰が殺したんだろう?」と続けて大爆笑を起こした。磯野も「ウサギ」との答え。でも顔はクマに近く、場内からは薄笑いが起きてしまう。田口は「ウサギのお化け」と解答。この時点で死んでることが判明した。死んでるのに笑顔のウサギ、怖いです(笑)。

 ここで水野の絵が公開されるが、「死んでる!」と森先生。場内大爆笑だ。正解のミミーが明かされるが、磯野は「こんなんじゃないよ!」と水野にクレーム。森先生は「大先輩のミミーを描けないなんて。犯人は水野ですね!」と笑わせた。


次ページは、水野の“エジプトさん”って何?!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院 

          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース