トピックス

南米アイドル!?きっか、ペルーで熱いライブを見せる!

2015年03月02日 05時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 吉川友が、世界遺産マチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵が有名なペルー(リマ市)で
、現地時間の2月28日(日本時間3月1日)に開催された「Natsumatsuri2015」で、ゲストアーティストとしてライブを行った。

ペルーの「Natsumatsuri2015」でライブを行った吉川友

 吉川友は、これまでに2012年アメリカ・アトランタ(Anime Weekend Atlanta 2012)、フランス・オルレアン(Japan Expo Center)、ベルギー・ブリュッセル(Japan Expo Belgium)、2013年にアメリカ・サンタクララ(Japan Expo USA)、2014年にブラジル・サンパウロ(Anime Friends 2014)と、世界各地でライブパフォーマンスを披露してきた。

 LIVEの前日には世界遺産のリマ旧市街セントロ地区に訪れ、「この大きな街が世界遺産と聞いて、私もこの大きなワガママBODYをどんどん輸出してアイドル世界遺産に認定される様に頑張ります!(日本含め)世界6か国でライブを行ってきましたが、もっともっと沢山の国でライブがしたいので世界中のプロモーターさんワガママBODYへのオファー待ってます!よろしくお願いします!」と、きっか節のコメント。

 その27日にはファンミーティングが行われ、吉川友のペルー訪問を心待ちしていた吉川友のファンクラブメンバーら、約100名が会場前で待ち構える。車から吉川の姿が見えると、現地のファンがきっかコールで温かく出迎える。ファンミーティングには約150名のファンが参加し、握手会も行われた。

ライブ前日に行われたファンミーティングの模様

 ファンから「またペルーに来たいですか?」と聞かれると、吉川が「とても温かい人たちがあふれるペルーを愛しています!ペルーのセビーチェ(魚介マリネ)も大好きです!また必ず来たいです!」と笑顔でコメント。会場のファンからは再訪を願う、大きな声援が送られた。

 夏真っ盛りのペルーの晴天の空の下で、会場内は日本の夏祭りさながらの日本食やアニメグッズなどの屋台がひしめきあう。リハーサルを終えた吉川友は、各ブースや来場者に自身のライブ告知と自己紹介を兼ねた特製うちわを配り歩いたり、スペイン語MCの練習をしていた。

 今回は、吉川にとって昨年に続き2度目となる南米でのパフォーマンス。会場は、ペルーをはじめ、ブラジルやボリビアなど南米各国から駆け付けた約4000人のファンで埋め尽くされていた。大きなモニターに吉川友のMV映像が流れると、ファンからきっかコールが巻き起こる。

 まずは22歳のオトナを感じさせるセクシーなナンバー『URAHARAテンプテーション』でライブがスタート。続いて、事務所の先輩である松浦亜弥の『LOVE涙色』をカバー。ペルー在住のハロプロファンの間でも馴染みのあるこの曲では、現地のファンが大きな手拍子でライブを盛り上げる。

吉川のライブを待ちわびたファンは、大きな声援を送っていた

  • 1381_ext_08_0.jpg
  • 1381_ext_08_1.jpg
  • 1381_ext_08_2.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 吉川友