コラム

Bye Bye またね!Berryz工房は、みんなのヒーローであり続ける

2015年03月05日 14時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 3月3日、日本武道館で「Berryz工房ラストコンサート2015 Berryz工房行くべぇ~!」が行われた。彼女たちはこのコンサートでBerryz工房としての活動に無期限活動停止という形で、区切りをつけた。

Berrzy工房『完熟Berryz工房 The Final Completion Box』

 コンサートは本当に楽しかった。花柄のワンピースからドレスへの早着替えが魔法のようだった『21時までのシンデレラ』、お猿さんの格好での登場にファンから大歓声があがった『行け 行け モンキーダンス』、2005年の石村舞波卒業公演でも歌われた『Bye Bye またね』。デビュー曲『あなたなしでは生きてゆけない』から、これまで続けてきたアイドル人生を歌った『普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』と続いたのは、それぞれの曲に意味が生まれ、とても感慨深かった。

 この3時間のコンサートで、アイドルらしいかわいい曲も、Berryz工房ならではの迫力のあるパフォーマンスが見れる曲も、そしてコミカルなおふざけ満載の曲も、全部を見せてくれた。そのすべてがBerryz工房の魅力だ。

 Berryz工房は、シルエットだけで誰かが分かるくらい、1人1人の個性が際立っていた。最年少の菅谷梨沙子は、小さいころから天使のようにかわいくて、メンバーみんなの妹のような存在。渋く迫力ある声がBerryz工房の歌ではおなじみだったけれど、この最後に歌われた『Love together』で、か細く消え入ってしまいそうな声で歌っていたのが印象的だった。涙を流しながら歌う姿が愛おしすぎて、胸が苦しくなった。恥ずかしがり屋なところもあるけど、6人のお姉ちゃんとのおふざけに楽しそうに参加する菅谷の姿を見られることは、いつもなんだか嬉しかった。

 熊井友理奈は、クールビューティーな見た目とギャップのある、マイペースさがずっと愛され続けてきた。それでメンバーにいじられることも多かったけれど、それを丸ごと受け入れ、さらに周りを楽しませ、自分も楽しんでしまう彼女のやわらかい雰囲気は見ているだけで心地よかった。そしてそのマイペースさを保ち続けられるのは、熊井の持つ芯の強さもあるはず。プロデューサーのつんく♂が彼女について「最初から今日まで一貫して自分を持ってたような気がする」とコメントしているくらい、わたしたちが知っている以上に彼女は強い女性なのかもしれない。これからもENJOYの精神で、真っすぐに歩み続けてほしい。


次ページは、Berryz工房を力強く支えた年長メンバーたち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Berryz工房 

          

関連ニュース

コラムの関連ニュース