ライブレポ

野津は「ネタ切れ」!?生徒たちの想いが書に! さくら学院公開授業1限目レポート

2015年03月11日 21時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院公開授業「書の授業 2」1限目レポート@はまぎんホール ヴィアマーレ 2015.MAR.7

 3月7日土曜日、さくら学院の公開授業「書の授業2」が、横浜のはまぎんホール ヴィアマーレで行われた。2年ぶり2度目となる書の授業で、さくら学院の生徒たちはどんな書を残してくれたのか? 1時限目からレポートしていこう。

さくら学院公開授業「書の授業 2」2限目レポート@はまぎんホール ヴィアマーレ 2015.MAR.7

DVD『さくら学院SUN! -まとめ-』

 いつもより早く午後12時半から始まった1時限目。史上初めてニコニコ生放送の中継が入った今回の公開授業。担任の森ハヤシ先生は、ニコ生で初めて公開授業を経験する視聴者に向けていつもより詳しく公開授業について説明。「各分野のエキスパートを先生に招いて、さくら学院の生徒が授業を受ける様子をただ見守るという、大人の嗜みであります」とやって拍手を浴びた。

 今回の講師は書家の矢野きよ実先生。矢野先生は2度目の公開授業ということで、森先生はその時の印象を「下ネタ好きのドSオバサンで、僕に対してやたら厳しい」と語って爆笑を巻き起こした。矢野先生は番組のパーソナリティなどをこなしながら、数々の賞を受賞。「被災地支援・無敵プロジェクト」などの社会貢献活動も積極的に行っている。さくら学院とは、前述のように一度公開授業を行っているほか、シングル『顔笑れ』の題字を書いたことでも知られている。下町気質で軽快なトークもお手の物の矢野先生と、さくら学院の生徒たちはどんな絡みを見せてくれるのか?

 1時限目の生徒は田口華、野津友那乃、大賀咲希、山出愛子、岡田愛の5人。田口は15歳になって初めての公開授業ということで、髪型も書道っぽく、筆っぽいヘアスタイルで気合いを入れた。野津は、「花粉凄くない?耳の奥まで花粉が……」と大変そう。「目をかいていたら京浜東北線に乗り遅れそうになった」と笑わせた。

 大賀は“グッドオーガニング”をマイナーチェンジして森先生のダメ出しをもらわないようにとやる気。「咲希がせーの! と言ったらオーガニングとやってください!」とお願いするが、これには森先生が「グッドはなくなるの?」と指摘するが、大賀は「グッドは私が言います」とグダグダで場内は苦笑い。とりあえずやってみるということで、「グッド! せーの! オーガニング!」と予想外の順番で戸惑う場内。森先生は「せーのをグッドの後に挟んでいいの? 後でダメ出ししましょう」とやれやれといった表情だ。大賀は続けてメンバーの物真似。音楽番組の収録時、楽屋での野津の一言。「アーティストさんて、クールだよね!?」とやり、大爆笑を呼んだ。

 すっかり大賀の一人舞台となってしまい、後から出てくる後輩たちも大変だ(笑)。山出は「書道は1段持ってるので、実力を少しでも出せたら」と意気込み、岡田は「矢野先生が同じ愛知の人なので楽しみ。今日もデラ頑張ります」と宣言した。書の授業ということで、先週のアートの授業に引き続きTシャツにデニムの生徒たち。Tシャツは先週の汚れが完全に落ちてないのが印象的だ。

次ページは、「ネタ切れ」「スターになる」……生徒たちの心の叫びが書に!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院 

          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース