ライブレポ

さくら学院公開授業レポート1限目 水野由結の成長に父兄も大感動

2015年03月17日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院公開授業「歌の考古学~2014年度~」1限目@TFTホール500レポート 2015.MAR.14


 さくら学院の今年度最後の公開授業が3月14日に東京・有明のTFTホール500で行われた。3度目の授業となる人気の「歌の考古学」の授業で、生徒たちはどんな曲を選びどんなプレゼン、そして歌を披露するのか? まずは1時限目の模様からレポートする。


さくら学院公開授業「歌の考古学~2014年度~」2限目@TFTホール500レポート 2015.MAR.14

DVD『さくら学院SUN! -まとめ-』

 14時から始まった1時限目。生徒は水野由結、田口華、磯野莉音、大賀咲希、岡田愛の5人。担任の森ハヤシ先生は「1年の締めくくりに相応しい授業。五感を研ぎ澄ましてじっくり楽しんでください」と父兄たちにメッセージ。

 ここで生徒たちの登場。水野は「9月の公開授業で、マツ毛が1本伸び続けてると言ったけど、この前とうとう抜けちゃったので今日は何か悪いことが起こりそう」と笑わせた。田口は「今日の授業は最近では一番緊張してるけど、何があっても楽しみたいし、父兄さんにも一番楽しかったと思われるよう頑張ります」と気合いが入っていた。磯野は「今日、森先生がやっとミルクレープを差し入れてくれました」と嬉しそう。

 大賀は「せーの、グッド!」「オーガニング!」とようやく自己紹介がバッチリ決まって拍手をもらう。「今の咲希の気持ちを皆さんに届けて、後輩のお手本にもなりたい」と成長したコメント。岡田は「さくら学院で一番歌唱力に問題があるので心配」と笑わせた。

 そして本日の講師役である、さくら学院校長の倉本美津留先生の登場。「生まれてから十数年しかたってないさくら学院の生徒たちに、生まれる前の素晴らしい音楽を知ってもらいたい、自分たちで発掘することによって知らなかった歌の素晴らしさを知ってもらいたい」と授業の趣旨を説明し、歌の素晴らしさをプレゼンした後、アカペラで歌うと授業の流れを説明した。

 「歌の考古学」の授業初体験の岡田は「息してる? 顔が堅いよ」と森先生にツッコまれ、「だって緊張しちゃって~」と声を上ずらせた。そして早速プレゼンの開始。トップバッターは大賀ということで、「最初に爆弾があるわけですね」と森先生。緊迫した空気の中、発表が始まった。


●大賀咲希 ZARD『Forever you』作詞・坂井泉水/作曲・織田哲郎

「1995年3月に発売されたZARDの6枚目のアルバムのタイトル曲です。シングルカットはされていません……」と発表を始めた大賀。普段とは違った真剣な口調での発表に、客席にもピンとした空気が張り詰める。

「歌詞の世界に共感できる曲を探しました。曲を探すのに悩んでいたとき、お母さんが家にあったZARDの6枚のアルバムを持ってきて勧めてくれた。1枚目から順番に聞いて、6枚目のアルバムのこの曲に出会ったとき、咲希が今歌うのはこの歌しかないという思いが強く芽生え、その後の曲は聞く気持ちになりませんでした」と、真剣な中にも大賀らしい、クスリと笑わせる表現もあって会場を盛り上げる。

「咲希にはいつか、たくさんの人の心に届く歌を歌いたいという夢があります。この歌を聴いたとき、10年後の咲希がこの歌を歌っている情景が浮かんできました。10年後にはこんな歌を歌えるように成長していたい。歌詞の中で坂井さんが懐かしんでいる昔が、15歳の今の咲希に重なって、この歌を歌おうと思いました」と続ける大賀。

 そしてあらかじめ書いてきた「10年後の咲希へ」の手紙を朗読。25歳の未来の大賀に宛てた手紙は、夢に向かって真っ直ぐ進む今の大賀の純粋さ、真剣さがあふれ、周囲で支えてくれる人たちへの感謝の思いに満ちている。

 アカペラで歌い始める大賀。力強く、心の内を丁寧に込めて歌う姿は、いつもより大きく感じる。倉本校長は「未来の自分へのメッセージが面白かった」と評し、森先生は「好奇心が強くていろんな周囲の人や家族に迷惑ばかりかけていたって歌詞が大賀にピッタリあてはまる」と爆笑させた。

 緊張が解けた大賀は、次の岡田に「いつも努力してるメグなら絶対できる」と上から目線のアドバイスで笑わせた。水野は「10年後の咲希を見たくなった」と感想をもらした。

次ページは、磯野が同期・田口に伝えたい気持ちとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院 

          

関連ニュース

ライブレポの関連ニュース