インタビュー

Shiggy Jr.森夏彦インタビュー連載最終回 「アイドル・Negicco メンバー3人それぞれの魅力」

2015年04月15日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 大好評連載、最終回! 最新シングル『光のシュプール』がオリコン週間チャート5位にランクイン! そしてNHK総合『MUSIC JAPAN』にPerfumeと共演を果たすなど、快進撃を続けるNegicco。ライブの動員も着々と増やし、そして5月5日には地元・新潟県民会館という大舞台に立つ。エンタメNEXTではそんな彼女たちにハマった“新規ファン”であるShiggy Jr.森夏彦がNegiccoの魅力を語るインタビュー連載を実施した。


Shiggy Jr.森夏彦インタビュー連載1回目 「アイドル・Negiccoにハマった理由とその魅力」

Shiggy Jr. 森夏彦インタビュー連載2回目「Negicco現場のあたたかさ」

森夏彦プロフィール
 1990年生まれ。Shiggy Jr.のベーシスト。バンド以外にも、寺嶋由芙、ハナエなどのレコーディングに参加している。洋楽育ちであったはずが、2014年春頃に突然Negiccoに陶酔。ライブだけでなく、インストアイベントにまで積極的に足を運ぶ熱狂的ファンになる。2014年9月にShiggy Jr.として『新宿ロフト presents 乙女の事情』でNegiccoとの初共演を果たす。2015年1月に恵比寿・リキッドルームで開催された『NegiFes』にも出演し、会場に集ったNegiccoファンからは盛大な“森コール”が巻き起こった。オリコン週間チャート5位ランクインを果たした『光のシュプール』c/w曲『1000%の片想い』はShiggy Jr.が編曲している。



————前回はNegiccoファンの魅力を熱く語っていただきました。ここで改めて、Negiccoメンバーそれぞれの魅力を語ってください。

森 リーダーのNao☆ちゃんは少し変わり者な部分があるんですが、とても芯がしっかりしている。NegiccoはNao☆ちゃんを中心にヴィジョンが出来ているのではないかと個人的にも思います。リーダーっていう自覚もあるだろうし、みんなにとってのカリスマです。Meguちゃんはまとめ役。MCの仕切りとか、ファンがどうしたら喜ぶかとかいっぱい考えて行動してくれるんですよ。サービス精神が旺盛で、とにかくファン想いです。そして末っ子のKaedeちゃんは、自然体なところが魅力的ですね。本人も潔く自己紹介で言ってますが、Twitter廃人な感じとか……みんなが放っておけないような妹感がとても良いです。この3人のバランスが、絶妙なんです。

————声も全然ちがいますもんね。ソロパートもそれぞれの個性が出ています。それでは、今までで一番印象に残っているNegiccoとの思い出は何でしたか?

 一番思い入れがあるのはやっぱり、最初に行った『サンシャイン日本海』のリリースイベントですね。アイドルパワーを実感させてもらいました。音楽に元気をもらうとか、そういう感覚が今まではわからなかったんですけど、こういうことか! って。あとは、ファンの作り出す「みんなで応援しよう!」という一体感が凄かった。『サンシャイン日本海』はオリコン10位以内を目指していたけど、11位という惜しい結果だったんですけど、みんなで応援しよう! っていうファンの一体感があったんです。ショップでも、CDが売り切れていたんですよ。

————Negiccoの魅力はキャリアを感じさせない素直さや、謙虚さですね。みんなが応援したくなる。

 謙虚だし、ネガティブなところを見せないようにするプロの姿勢を貫いていますよね。純粋に人として見習いたいです。彼女達は長年真面目に、自分が好きなことをきちんと全力でやってきているから、道徳的にも美しいですよね。頑張った人がきちんと評価される。早く武道館でNegiccoを観たいです。今の勢いがあれば、夢じゃないと思います。あとは、紅白でまたPerfumeと共演して欲しいですね。

————「楽屋でも~」みたいなエピソードじゃなくて、一般的なファンとしての見解だけなのがいいですね(笑)。

 喋らないし、喋れないですから……。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Negicco