連載/特集

回想:SSAももクリ2011「このために日本に来たんだ!」 マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2015年05月16日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 マーティがギターで全面的に参加しているももクロ「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」の裏話を公開!

ももいろクローバーZ「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」

#40_ももいろクローバーZ「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」

 ついにこの回がやってきました! 今回のももクロ特集は、2011年のシングルでボクがギターで全面的に参加している「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」の裏話をしようと思います。

 2011年のある日のこと。ももクロのスタッフさんから連絡が来たんだ。「ももクロの曲でギターを弾いてくれませんか?」と。しかも 今回のプロデューサーは前山田健一さんだという。ボクが好きなアーティストが2組も揃ってる仕事なんだもの、断るわけがないよね。最高にうれしかったよ。

 そして『無限の愛』のデモテープが送られてきて聴いてみたら……。ひとつ前の曲より超冒険的な出来だった。というか、あまりにも壮大な曲で、最初はこれをどうしたらいいのかサッパリわからなかった(苦笑)。

 普段、ボクはゲストミュージシャンとして演奏するとき、スタジオに行ってその場のひらめきでギターを弾くんだけど、今回はその方法は出来ないと思った。ギターの比重が多いのは目に見えているし、練り込んでいかないといけない。なので、自宅で前山田さんが作ったデモ音源にギターを入れて骨格を作り、セッションとレコーディングに望んだんです。

 最終的なレコーディングは2~3時間かな? 前山田さんはボクのギターを超褒めてくれたんだけど、ボクがまだまだ納得がいかないって、数パターン演奏した記憶があるね。そのせいか、ボクのギターの味がしっかり出ていると思うよ。

 このとき、ももクロのメンバーとは会ってないんですね。彼女たちとの本格的な接近遭遇は2011年12月25日に行われた『ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会』にゲスト参加したときです。

 もちろん、ライブは最高だったよ! 1万人のオーディエンスの前で、このクレイジーな曲をももクロと一緒にやれたんだから。そうそう、『無限の愛』の後に『行くぜっ!怪盗少女』も演奏した。プレイしながら「ボクはこのために日本に来たんだ!」って強く思いましたね。

 でも、それよりも感動したのが、メンバーたちのアティテュードなんですよ。

 その日、彼女たちはステージで26曲もの曲を歌って踊る予定だった。ももクロの曲は変拍子やテンポチェンジが沢山あるから、歌いにくいし、踊りにくいものばかり。おまけにその1曲1曲にステージ上での演出が設定されている。メンバーはプロデューサーさん、スタッフさんに教えられたとおりの演出を覚えなくてはならない。しかも、リハーサルの段階でいきなりディレクションが変わることもあって、彼女たちはそれに対応しなければならないという状況だった。

 なのに、本番前の彼女たちはものすごくリラックスしてるの。楽屋でボクと話している間、みんなずうっと笑顔だし、すごく優しい。本番前のプレッシャーを全く感じさせないんだ。

 これってすごいことじゃない? たぶん、メンバーは自宅でも歌や振り付けを自主練をするのが普通になっているんじゃないかな。そうでないと様々な状況に対応出来るわけがない。だから余裕があるんだろうね。

 ももクロのメンバーは本当に真面目だと思う。そして、それはプロフェッショナルであることの証。彼女たちが成功したのは、偶然じゃないんだ。絶対に。

(構成・文/尾谷幸憲 協力/野島亮佑)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

月刊エンタメにて誌面版「マーティ・フリードマンのヘドバン★鋼鉄推薦盤[メタルレコメンド]を連載中!

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース