インタビュー

アイドルネッサンス直筆「自己採点通信簿」完全版 Part.02 石野理子・南端まいな・百岡古宵 編

2015年05月18日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 前回に引き続き、月刊エンタメ5月号に掲載された特集「各界に中毒者急増中! アイドルネッサンス大研究」の未公開バージョン「アイドル力 自己採点通信簿」完全版を公開します!

アイドルネッサンス直筆「自己採点通信簿」完全版 Part.01 橋本佳奈・比嘉奈菜子・宮本茉凜・新井乃亜 編

アイドルネッサンス:左から橋本佳奈、百岡古宵、宮本茉凜、石野理子、比嘉奈菜子、南端まいな、新井乃亜

<石野理子通信簿>

石野理子 いしの・りこ/2000年10月29日生まれ、広島県出身。通称:りこぽん

理子 (そーっと自己採点の紙を見せる)

古宵 えっ!! マジっ!?

まいな なんで!

――パフォーマンスが49点、絆45点とは石野さん低いですね。半分いかないとは。

まいな 低すぎるよ!

理子 毎回パフォーマンスは120%でやってるんですけど、見ている方がどう思うかが一番で、自分で評価しづらい部分があって……。周りの目を気にしてたらキリがないというのはあるんですけど。

――周りから見ても点数高いと思いますけどね。

理子 (首を横にブンブン振りながら)自分の中では厳しめにというか。ただ表情とか自分の見せ方というのは最近わかってきたところもあるので。これからです! はい。

――絆も半分以下ってのは……。

理子 仲が悪いとかそういうことじゃないんです! 信頼はしてるんですけど、大事な時に話したいことが話せないとか、思ったことを口にだそうとしてもためらわれるとか。それで「あの時言えばよかった」みたいに、あとあとになって自分でも後悔したり……。

――まだちょっとメンバーに気使っちゃってると。

理子 (採点は)厳しめに。一年経ってないから。

――ポジティブ目指して前進しましょう! では続いて百岡さん。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加