コラム

Berryz工房「菅谷梨沙子」からもらったもの~みきちゅのドルオタコラム第2回

2015年04月28日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アイドルシンガーソングライターの“みきちゅ”によるアイドルオタクコラムの2回目。今回のテーマは“Berryz工房「菅谷梨沙子」からもらったものです。ピアノとソフトテニスに打ち込んでいた中学生のみきちゅが、アイドル好きになるキッカケとなったのは、Berryz工房のPVを見たことでした。
 

アイドルであり、ドルオタでもある「みきちゅ」


小学校高学年のときからバンドが好きでした。自分で作詞作曲した曲を歌う人たちに心を奪われていたのです。

そんなわたしをアイドルの世界に引っ張ってくれたのがBerryz工房。友達から薦められて『恋の呪縛』のPVを見たのが始まりです。

毎日ピアノのレッスンと部活のソフトテニスの練習に明け暮れて、芸能界とは無縁なところにいた中学一年生のわたしの目には、アイドルとして生きる同世代の女の子がとても眩しく映りました。わたし、徳永千奈美さん・須藤茉麻さん・夏焼雅さんと同い年なんです。

細やかにアイドルオタクとしてBerryz工房の動向をチェックし続けながらも、わたしは自分の夢を追いかけ、Berryz工房のメンバーからはだいぶ遅れて大学1年生から本格的にアイドル活動を始めました。

月日は流れ、、応援し始めて9年目の春、Berryz工房は無期限活動停止することになり、わたしは3月3日武道館に居ました。

その日は撮影があってどうしても開演に間に合わなかったのですが、撮影後、髪の毛のセットを直してもらう時間が惜しくて、大きなリボンをつけたまま急いで電車に飛び乗り会場へ向かったのです。

活動停止前のラストライブということで、最後にはメンバーからの挨拶がありました。

そこで聞いた、推し・菅谷梨沙子さんの泣きながらのメッセージは心に重く残りました。

菅谷さん 「この12年半いろんなことがあって、楽しかったことも嬉しかったこともいっぱいあったんですけど、正直、わたしは辛かったこともいっぱいあったし、正直、全部投げ出してどっかに行ってしまいたいと思ったこともいっぱいありました(泣)」

梨沙子さんは当時20歳。アイドルとして生きた時間は12年間・・・

人生の半分以上をアイドルとして生きていたのです。

もしもアイドルとして生きていなかったら、その12年間、周りの目を気にせず学校生活を楽しんだり家族とゆっくり過ごしたり、いろんな習い事をしてみたり、留学してみたり、、、いろんなことが出来たでしょう。

こんなに可愛いのだから、アイドルにならなくてもたくさんの男性にチヤホヤされて女の子としての幸せをたくさん感じることも出来たはず。。。

もう二度と戻ってこない貴重な青春を使い果たして、梨沙子さんはアイドルとして生きて下さったのです。

その選択はなんて尊いのでしょうか。。。

しかも、活動する中で、全部投げ出してどこかに行ってしまいたいほど辛い思いを何度もしたというのです。

そんな思いをしてまでも、アイドルを辞めず、ファンにたくさんの幸せを与えてくれました。

しかし、、、

梨沙子さんがこんなにまでわたしのために頑張ってくれたのに(※わたしはただのオタクです)、わたしは梨沙子さんのために何もしてあげることができませんでした。

叶うのならば肩揉みくらいさせて頂きたかったものです。

それなのに・・・

菅谷さん 「でも家族や周りのスタッフさん、周りのみんな、ここにいるファンの皆さんがいたから、ここまでやって来れたんだなって思います。本当にありがとうございます」

と、頑張って来れたのはファンのおかげだと言い切ってくださったのです。

な、、、なんということでしょうか!!!!!!!!!

わたしは、本当に自分がダメな奴だなあと思わされる瞬間が多々あります。

とてもじゃないけれど梨沙子さんから寵愛を受けるほどの人間ではありません。

梨沙子さんの貴重な青春を奪えるほど出来た人間ではありません。

そんなわたしにも平等に梨沙子さんはたくさんの愛をくれました。

なんとお礼したらいいのか・・・

そして気付いたのです。

ウキウキしながらCDを購入したり、ワクワクしながらコンサートのチケットを取ったり、そこで「梨沙子~~!!!!!」と大きな声援を送ったり、私が梨沙子さんを応援しながら楽しい思い出を作っていた行為ひとつひとつが、梨沙子さんの青春を消費していたのだと。

「人生そのもの」を貰っていたのだと。

梨沙子さんに貰った愛は、今のわたしには大きすぎてきっと体から溢れてしまっているでしょう。

もう一滴も零さず墓場まで持っていくためにもっと毎日を頑張って生きて、立派な人間になりたいものです。

Berryz工房さんがわたしに“アイドル”の火を点けてくれたように、わたしも歌で誰かの世界を救えるよう、新しい世界をひらいてもらえるよう、今日も作詞作曲しながらアイドルとして歌うのです。

 
みきちゅ 1993年1月26日生まれ、仙台出身。16歳でライブ活動を始め、弾き語りやバンド活動などを経て、自分で作詞作曲も手がける“アイドルシンガーソングライター“として活動中。2014年7月発売の3rdシングル『アイドルの秘密』がオリコンデイリー9位のスマッシュヒットとなり、Yahoo!ニュースに取り上げられるなど話題に。昨年12月に上京し、事務所に所属したことで、活動をさらに活発化。今年1月リリースの4thシングル『可愛い屋さん』ではデイリー7位とランクアップを果たした。

■みきちゅオフィシャルブログ「ちゅぶろ」
http://ameblo.jp/mi7ki/

■みきちゅ公式ツイッターアカウント
@mikichu_magic
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Berryz工房  みきちゅ 

          

関連ニュース

コラムの関連ニュース