トピックス

本人からの逆サプライズも! 武藤彩未・渋谷公会堂単独公演『BIRTH』ライブレポート後編

2015年05月01日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 武藤彩未は、洗練されたステージングとキュートなヴィジュアル、そして何よりも圧倒的な歌の力でファンの心を掴む。グループを離れ、歌手としての道を歩むアイドルは少なくないが、10代のうちに渋谷公会堂にソロで立てる子が何人いるだろうか。


武藤彩未、自己ベストを更新! 渋谷公会堂単独公演『BIRTH』ライブレポート前編

 「こんな大きな会場に生の演奏で、とっても気持ちいい! ここからは暴れて、汗だくだくになって帰ってもらえますからね!」という宣言から、バックバンド紹介へ。今回はバンドマスターであるnishi-ken(Key)、楠瀬タクヤ(Dr / Sabao)、そしてライブ初参加となる山本陽介(G)、須長和広(B)といった布陣だ。ここでnishi-kenが突然HAPPY BIRTHDAYを奏でる。当日、19歳を迎えた武藤へのサプライズだ。

 「二年連続、誕生日をライブで過ごすことが出来て、世界で1番幸せものです。みなさんの声が、一番の誕生日プレゼントです。私に声を届けて下さい!」という言葉に、ファンも全力でA.Y.Mコールを届ける。

 そのままライブの定番曲『RUN RUN RUN』を繰り出し、会場のボルテージを一気に上げる。観客と軽やかにタオルをくるくると回し、間髪開けずに『パラレルワールド』へ繋ぐ。アルバム『I-POP』のリードトラックだが、会場が温まったところで投下したこともあり、年末の赤坂BLITZ公演で聴いた時とはまた違った魅力を感じさせてくれた。今後、彼女のライブで鍵となる楽曲になるだろう。ここでも色とりどりのレーザービームが繰り出されたが、ゴテゴテした満腹感は無い。計算しつくされたその演出に、観客も感動するばかりだ。

 いつも10代らしからぬ妖艶な表情で魅せてくれるナンバー『A.Y.M』では、歌詞を飛ばしてしまうというハプニングも。ただそのあまりの完成度の高さに、感極まって泣いてしまったのか? と、その場では全くミスが気にならなかった。本人がインタビューにて「ファンと一緒に作り上げていきたい楽曲」だと話していた『交信曲第1番変ロ長調』、そして今後の定番になりそうなロックナンバー『OWARI WA HAJIMARI』で本編を締めくくった。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 武藤彩未