コラム

約2年ぶりの福神復帰 乃木坂46高山一実、葛藤の先にある笑顔

2015年05月11日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5月10日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京)で発表された12thシングル選抜では、生駒里奈がセンターに就いたことなど、いくつかの「驚き」があった。そのひとつが高山一実の約2年ぶりとなる福神復帰だ。番組では、これまでと逆サイドになったことについて「今から楽しみです」と発言していたが、久々の福神メンバーとして心に期するものがあったはず。
 
 乃木坂46の中で一般的な知名度の高さを考えた時、白石麻衣や生駒里奈に並ぶのが、バラエティ能力に秀でた高山一実なのかもしれない。『しくじり先生』や『ミラクル9』といったテレビ番組で、乃木坂46という名前を発信し続けており、グループへの貢献度は計り知れないのだ。
 
 しかし、高山は「山口百恵のようなアイドルを目指していた」「ハロプロさんが大好きだった」と王道アイドルへの愛を語ることが多く、自身の活かし方との間でジレンマを抱える時期もあった――。

 


 初期の頃から、「乃木坂46にとって『乃木坂って、どこ?』(乃木坂工事中の前身番組)が劇場みたいなもの」という意識があった高山。それは「ここで結果を残すしか選抜に残ることはできない」という決意でもあった。『乃木坂って、どこ?』では、バラエティ能力を発揮して番組にとって必要不可欠な存在になっていく。
 
『乃木坂って、どこ?』番組プロデューサーも「一番早く番組に順応したメンバー。彼女がしゃべると何かが起こるという期待感がありますよね。『王道のアイドルを目指したい』という想いを抱えながら、笑いに対して悩み考えてトークやギャグを絞り出す姿が素晴らしいです」(『OVER TURE』002)と、高山に絶対の信頼をおいている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 乃木坂46 

          

関連ニュース

コラムの関連ニュース