連載/特集

こぶしファクトリー『念には念』拳を突き上げたロックサウンド! マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2015年06月22日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Juice=Juiceに続き、ハロー!プロジェクト系のアイドルをピックアップ。今年頭に結成された8人組、“こぶしファクトリー”です。

こぶしファクトリー『念には念』

#44_こぶしファクトリー『念には念』

 彼女たちは、カントリーガールズの一種のライバル的な存在で、いわばBerryz工房と℃-uteっぽい関係らしいですね。

 そんな設定はともかく、このこぶしファクトリー、とにかく曲がいいです! 会場限定で発売されたDVD付きのシングル『念には念』はボクの超お気に入り。

 T・レックス(1970年代の英国で活躍したグラムロック・ユニット)の名曲『20thセンチュリーボーイ』に影響を受けたようなギターのリフとコーラスのアレンジ。そして、手拍子が効いた1970年代のオールディーズ風のAメロに、サビのメロディは歌謡曲風という見事な和洋折衷サウンド! Juice=Juiceの回でも書いた「往年のポップス史をなぞるようなハロプロのサウンド・ワーク」を地で行くサウンドになってますよ。

 ちなみにカップリング曲の『サバイバー』は、ヒップホップなどでよく使われる“ハーフタイムシャッフル”と呼ばれているグルーヴィーなリズムを使った曲に仕上がってます。アイドルの曲でいうと、AKB48の『Beginner』なんかも、このリズムだね。

 このリズムって、実は扱うのがちょっと難しいんですよ。やっぱりアイドルの曲って基本的にアップテンポで8ビートにする、っていう基本形があるわけじゃん? こぶしファクトリーの楽曲制作のスタッフさんも冒険してるなぁ、と思ったね。

 ところで『念には念』、『サバイバー』は、ともに重たいギターリフが印象的。非常にロック色が強い仕上がりになっている。こぶしファクトリーには、ロックなアイドル路線を突き進んでほしいね~。


(構成・文/尾谷幸憲 協力/野島亮佑)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

月刊エンタメにて誌面版「マーティ・フリードマンのヘドバン★鋼鉄推薦盤[メタルレコメンド]を連載中!

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース