コラム

乃木坂46山﨑怜奈、舞台『じょしらく』は自分の手で掴んだ陽が当たる場所

2015年06月09日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 5月22日、乃木坂46の山﨑怜奈が12枚目シングルの期間を休業すると発表した。乃木坂46の活動も学業も全力で取り組んでいる彼女だからこその決断。13枚目のシングル期間には、清々しい顔で戻ってきてくれるはずだ。そんな怜奈が休業前に全力でブツかるのが6月18日からはじまる舞台『じょしらく』だ。彼女がこの舞台に懸ける想いはどこまでも熱い。
 


 舞台や映画を観るのが好きで、「女優になりたい」という思いを胸に秘めていた怜奈。しかし、中学生の時に行われたクラスの演劇発表では、自己主張ができずに気がついたら衣装係になっていた。舞台に立つ同級生を羨望のまなざしで見つめるしかなかった。

 そんな怜奈を変えたのは、母親が勝手に応募したという乃木坂46の2期生オーディションだった。特技披露では『チャップリンの英語演説』をやりきって見せた。直前まで何をするのか決めていなかったという怜奈だが、チャプリンが憑依するような熱演だった。

 2013年5~6月の『16人のプリンシパルdeux』でファンの前にお披露目されたものの、ほとんど活躍の機会がないまま1年が過ぎようとしていた。その頃には、2期生のなかでも堀未央奈が『バレッタ』でセンターに抜擢され、北野日奈子が選抜入りを果たしていたのだが、怜奈はこれといった結果を残していなかったのだ。

 「堀ちゃんや(北野)日奈子は自然と光が当たるキャラクターだと思うんです。だけど、私の場合は自分で動かないと光が当たらない人間なんだろうなって。だから、『16人のプリンシパルtrois』では自分から動こうと思いました」。怜奈は自ら変わろうとしていた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 乃木坂46 

          

関連ニュース

コラムの関連ニュース