連載/特集

AKB48が切り開いたアイドルソングの鉄則「王道8ビートロック」 マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2015年07月20日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ボクがこの連載を開始してから、1年が経ちました。みなさんご愛顧ありがとうございます! それで先日この連載のバックナンバーを読んでいたら、ボクが語っていることって、大体5つくらいに集約されていることがわかったんです。

 そこで今回のターンでは、1年間の連載の総まとめとして『外国人のボクから見た、日本のアイドルPOPSの特徴5つ』というテーマでお送りしようと思います。


●その1「アイドルPOPSは王道8ビートロックが多い」

 日本のアイドルの特徴は、ロック系の曲が多いことです。イントロに印象的なギター(orシンセ)+8ビートのロック風のドラム+ギターソロというアレンジメントの上に、ハッピーなメロディが乗る、というある種のパターンが存在している。これはおそらくAKB48『へビーローテーション』がヒットしたあたりから定番化したんじゃないかな? ボクが記憶に残ってる限りで、このパターンの楽曲を挙げてみよう。

・AKB48『前しか向かねえ』
・AKB48『希望的リフレイン』
・HKT48『桜、みんなで食べた』
・HKT48『12秒』
・さくら学院『My Graduation Toss』
・PASSPO☆『TRACKS』

 ほら、みんな似たパターンを持ってるでしょ? じゃあ、なんでこのパターンの曲が増えるのかというと、「わかりやすくて誰でも楽しめる」「ノリやすい」、そして「ファンのみんなのコール(声援)やヲタ芸を入れやすい」ということだと思うんだ。つまり、これは曲を作っているコンポーザーたちが、ちゃんとファンのことを考えている、という証拠でもある。

 ちなみにこのスタイルは世代や国境を超えて定番化してるんだ。80年代の日本のバンドブームでもこういう曲は多かったみたいだし、2000年代を過ぎたころのアメリカのメインストリームのロックにもこういうスタイルがあって、グリーン・デイ、サム41、ボウリング・フォー・スープなんていうバンドがよくやっていた。

 そういえば以前この連載で触れたPASSPO☆『TRACKS』は、先のボウリング・フォー・スープの日本のアイドル版っていう感じがするね。PASSPO☆のボーカルトラックを抜いたら、ボウリング・フォー・スープのサウンドみたいに聞こえると思うよ。でもPASSPO☆の声があるから、アメリカのロックみたいには全然聴こえない。もしかしたら、アイドルソングの一番重要な要素って「アイドルの声」そのものなのかもしれない。

(構成・文/尾谷幸憲 協力/バラン野島)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

月刊エンタメにて誌面版「マーティ・フリードマンのヘドバン★鋼鉄推薦盤[メタルレコメンド]を連載中!

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース