連載/特集

でんぱ組.incに代表される「和メロディ」は世界に誇れる! マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2015年07月28日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 祝連載1周年記念! 今回のターンでは、今までの総まとめとして『外国人のボクから見た、日本のアイドルPOPSの特徴5つ』というテーマでお送りしています。今回はその第3回目!!

●その3「和風メロが世界を制圧す!?」

 ここ数年のアイドルの曲で目立っている現象。それが「和風のメロディが増えた」ことです。たとえば以下の曲には、三味線や琴、尺八の音が入っていたり、メロディ自体が和風(ヨナ抜きの5音階)で作られていたりする。

・でんぱ組.inc『ちゅるりちゅるりら』
・でんぱ組.inc『サクラあっぱれーしょん』
・SUPER☆GiRLS『アッハッハ!~超絶爆笑音頭~』
・Doll☆Elements『君に桜ヒラリと舞う』

 J-POPブームが落ち着き始めていた2000年前後のあるときから、こういう和風のメロディの曲が徐々に出てきてるんですよね。で、それが今やヒットチャートに上がるくらいの存在になってしまった(ボカロの曲だけど『千本桜』なんかはまさにその象徴)。しかもそれがダサいものと受け取られていない。むしろみんなが「古くて新鮮なもの」として感じている。

 これは前にも書いたことなんだけど、たぶん日本の人々はクールジャパンの影響で自分たちに自信を持つようになったんじゃないかな? それでこういう曲が増えてきたんじゃないかな? と思っているんだ。

 こういう和風のメロディはワールドワイドにアピールできる大きな武器だと思う。こういうメロディは外国人からすると、エキゾチックで印象に残りやすいんです。だって、ボクら外国人の音楽にはこういう和風のセンスの曲って皆無といってもいいからね。多くの外国人は「日本のポップスは欧米を真似ている」と思っていけど、それは違うんだ、っていう証拠にもなる。今度、でんぱ組.incが世界7カ国でワールドツアーを行うけど、こういう風に多くのアイドルが和風テイストを持って、世界に飛び立つといいね。

 ま、もちろん、無理に海外進出する必要はないと思うんだけどね。日本のファンも大事だし!

(構成・文/尾谷幸憲 協力/バラン野島)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

月刊エンタメにて誌面版「マーティ・フリードマンのヘドバン★鋼鉄推薦盤[メタルレコメンド]を連載中!

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース