連載/特集

BABYMETALの要素“アイドル+メタル”は偉大な発明だ! マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2015年08月05日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 祝連載1周年記念! 今回のターンでは、今までの総まとめとして『外国人のボクから見た、日本のアイドルPOPSの特徴5つ』というテーマでお送りしています。最終章のテーマはこちら!!

●その5「BABYMETALの要素“アイドル+メタル”は偉大な発明だ!」

 アイドルソングの最前線、それは「アイドルなのにヘヴィメタルのサウンドをやっているユニットが増加したこと」だね。これはメタラーのボクとしては見逃せない現象です。記憶に残ってる限りでリストアップするとこんな感じかな。

・BABYMETAL『ギミチョコ!!』
・ももいろクローバーZ『『Z』の誓い』
・仮面女子:アリス十番『全開☆ヒーロー』
・デスラビッツ『アイドル Star Wars』
・FRUITPOCHETTE『暴虐-PARASITE-』

 どうやらこの手のサウンドはすでに2010年前後から存在していたみたいだけど、BABYMETALの世界的ブレイクによって、もはや一般化してしまった感もあるよね。

 もちろん、BABYMETALだって初期の『ド・キ・ド・キ☆モーニング』のころはシーンでも完全に浮いていたよ。それまでのメタルの世界は、タトゥーの入った不細工なおじさんが叫んでいるイメージが強かったんだけど、それとは真逆の世界だったからね。でもさ、メタルのサウンドが聴けて、かつ可愛い女の子が見れるなんてサイコーじゃん?

 もちろん、今の欧米にもメンバーに女性が在籍しているバンドは多いよ。だけどさ、これはあくまで個人的な印象なんだけど、メタルバンドの女性ボーカルって一生懸命デス声を出したり、大声を張り上げたり、スマートじゃない印象があるんですよ。なんか無理しているというか。

 それと海外のメタル好きの女の子ってなんか怖いんですよ。家に遊びにいくと、部屋が真っ暗でロウソクがたくさん立っているみたいな(笑)。そういった意味で、ボクの中では女性とメタルはうまく融合しないんだろうな、と思ってたんです。

 でも、日本人はそこに「かわいさ」というスパイスをふりかけた。普段はAKB48やいきものがかりを聴いているようなかわいい女の子がメタルを歌う、という今までにない融合をやってのけた。これは本当に驚いた。理想の世界だと思ったよ!

 ちなみにこのスタイル、まだしばらく欧米では出てこないと思うよ。 向こうは日本の「KAWAII」というセンスをわかる女の子がそれほど多くないから。アイドルメタルの肝は「かわいさ」だしね。

(構成・文/尾谷幸憲 協力/バラン野島)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

月刊エンタメにて誌面版「マーティ・フリードマンのヘドバン★鋼鉄推薦盤[メタルレコメンド]を連載中!

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース