月刊エンタメ

ナカG「みらいのアイドル」涙のアンコール掲載その4 第15話「お手玉部 対 超能力研究部の3人」の巻

2015年07月25日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 月刊エンタメで連載しているマンガ『みらいのアイドル』が次回で最終回になります。

 約2年間の連載はすごく楽しくて、オリジナルキャラのお話という事もあって好き放題やらせてもらっていました。

 その楽しかった連載が終わってしまうのはとても残念なのですが、連載が終わるという発表がされた時の反響が凄かったのが本当に嬉しかったです。
(ツイッターのホットワードの画像撮ってる方がいたらいただけけないでしょうか?)

 そして、さらに嬉しい事にファンの皆さんから『みらいのアイドル』の過去回を読みたいという声がたくさんあったという事でこのエンタメネクストで再掲載させていただける事になりました!! 本当にありがとうございます!

 リクエストの多かったものを計6話再掲載させていただきます。
(マンガの後に作品解説も書かせていただいてるので、そちらもお楽しみください。)


 では極上のマンガ体験をお楽しみください……


ナカG「みらいのアイドル」涙のアンコール掲載その4
第15話「お手玉部 対 超能力研究部の3人」の巻:月刊エンタメ 2015年3月号掲載

●第15話 「お手玉部 対 超能力研究部の3人」の巻

 突然の乃木坂46のお話という事で驚かれた方も多かったと聞きます。

 でも私は乃木坂46も大好きなのです。


 推しはハロみたいにしっかりと決まってなくって、凄い勢いで変わってます。星野みなみちゃん 高山かずみん 秋元真夏たん 斉藤ちはるさん
という感じで、これでも絞ったくらいみんな好きで決められずにいます。


 今回の乃木坂ネタは映画『超能力研究部の3人』を元にしたお話でこの映画の原作は大橋裕之さんのマンガ『シティライツ』のエピソードですよね。

 私は大橋さんのファンで『シティライツ』ももちろん買っていたので映画化には大興奮でした。
(描く前に大橋さんに、マンガ描いて良いか確認しました。^^)

 超能力研究部の3人のネタを描こうと思った理由は大橋さんのマンガが映画になり、その映画をまたマンガで描くという試みが面白いなと思ったらです。



 1ページのトビラコマは、アルバム『透明な色』のジャケの乃木坂駅をそのまま描きました。私はまだ乃木坂駅は行った事無いのですが、是非行って写真撮りたいです。


 1ページ2段目で、バンちゃんが小鬼ちゃんに「君の名は希望はみんな好きだろ」と言いますが本当に『君の名は希望』は素晴らしい名曲だと思います。もちろん私も大好きです。


 その後にバンちゃんが『なぞの落書き』という曲をオススメしますが、アルバムに入ってる新曲のなかで1番好きな曲でめちゃ聴きまくりました。
 歌詞が可愛いんですよね~~。卒業式の日に一体誰が私の名前を教室のカベに書いたんですかね~?^^



 2ページ4段目から超能力研究部とお手玉部の対決になりますが、ここでは『乃木坂ってどこ?』でやってたうどんに七味をかけて食べる対決やななみんの桑田の話、真夏さんの「ずっきゅん」が登場します。いつか握手会で真夏さんに「ずっきゅん」してもらいたいですね。


 3ページ2段目でななみんが「ゲボ野郎!」と言いますが、映画でななみんが言ったときは、原作のセリフだたーと興奮しました!


 いつか私の描いたマンガも乃木坂さんに主演で映画にして欲しいです。なんて思うのは贅沢ですかね……。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 乃木坂46 

          

関連ニュース

月刊エンタメの関連ニュース