月刊エンタメ

嶺脇育夫と南波一海のアイドル三十六房EN! 完全版

2015年07月28日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 6月31日発売『月刊エンタメ8月号』の「嶺脇育夫と南波一海のアイドル三十六房EN!」には、白熱しすぎて入りきらなかった完全版原稿をココで全掲載!

 ちなみに後半ではハロプロ研修生の「段原瑠々」さんについて語られているんですが、これには前哨戦があり、編集部で当時話題になった「ハロプロ研修生 発表会2015~春の公開実力診断テスト~」で「段原さん二連覇ならず!」というトピック、実は嶺脇さんと南波さんは冷静に見ていた(『月刊エンタメ7月号』の同連載にて)……というところが発端になっています。

 この2人の冷静さに疑問を抱いた、ライターの小野田衛氏と、エンタメ編集部の島村が連載に飛び入り参加した、という前提のもと読んでいください。
 


――CD-Rブームがきてるということで(笑)。

嶺脇 いや、来てない来てない(笑)。まぁ……来てるってことにしますか(笑)!

南波 体感としては、凄い小っちゃい現場レベルではありますよ。

嶺脇 南波さんしかいないからね、R音源を集めて発表してる人(笑)。

南波 だからこの番組が終わったら終わると思いますけど、Rブーム(笑)。でも音源ってそんなに求められてないのかも。ライブの楽しさだったり、メンバーの可愛いさであったり、握手が丁寧とか、求められてるのはそこだから。物販で音源が置いてなかったりするし。「音源ありますか?」って聞くと「ありますよ」って机の下から出されたりする(笑)。

嶺脇 曲に興味ない人もいますからね。接触も剥がしがないし(笑)。

南波 ただ、競うように三十六房にRを持ってこようとする人もいて。でも、俺は先回って買っていく。彼らに負けないように!

嶺脇 負けないようにって(笑)。勝負してるんだ(笑)。

南波 今日も3人くらいのお客さんが音源を持ち込んできてくれたけど、「それ僕持ってきてます」って(笑)。

――そのひと言のために(笑)!

南波 やっぱり負けたくないっていうのはあるから(笑)。

――トップランナーたらんというか。他を寄せ付けませんね! ちなみに、番組でも言ってましたが、最近はRなのに収録曲違いっていうのがあるんですね。

南波 前はそんなになかったんですけど、今多いんですよ。なんで複数枚買いさせるのかっていう意味を分かってないと思うんですよ。あの人たちね、多分手売りでオリコンチャートに入れると思ってるんだよ。

嶺脇 あ、それはね、実際そう思ってた運営さんもいましたよ! ライブでけっこう売ったのにオリコン入らないから、「なんでだー!」って言ってた(笑)。手売りは反映されないんですよって言ったけど。

南波 正式な枚数は売ってる人しか知らないからね。登録とかいろいろあるんですよね、チャートに入るには。

――ちなみに3種類出たら南波さんは全部買うんですか?

南波 僕は買いますよ。……しょうがないじゃないですか(笑)。ただ、収録曲違いならまだしも、ジャケ違いとかもあるんですよ、内容一緒で。それは買わない。

嶺脇 Rのジャケ違いって……それは、どういう(笑)。

南波 個人的にはRのそういうのって意味ないんじゃないかなって思いますよ。

――Rウィークリーチャートみたいなのを作ればまた……。

南波 誰が作るんですか(笑)?

嶺脇 南波さんでしょ(笑)。

――全国から自己申告で枚数を南波さんに送ってもらって。

南波 でも追い切れないくらいたくさんいるから。こないだも……「ばんざいわーるど」っていう東海のアイドルで、メンバーが国名なんですけど、メンバー募集してて、条件が「芸名が国名になってもいい人限定」って(笑)。今は、ガーナちゃん、モナコちゃん、パキスタンちゃんがいるみたい。

嶺脇 (爆笑)

南波 ご当地アイドルに注目してる人ってたくさんいると思うんですけど、東京に来てるアイドルなんてまだ本当に一握りで。

――番組でも名古屋アイドルについて話してましたが、東海に注目してるんですか?

南波 東海だけというわけではないんですけど、やっぱり知らないところに行かないと、わからないから。月に1度くらいは、「コレ知らないな」っていうのがあったらそこに行くようにはしてますね。

――ネットだけではやっぱりわからないんですか?

南波 知っているグループの対バン相手を見て、知らなかったら名前を検索しても、HPとかなかったりする。Twitterだけとか。リリース情報がわからないところも多いです。

――とにかくこの番組が終わったらブームが終わってしまうので、ぜひ続けてほしいです。最後の灯火を。

嶺脇 最初で最後の灯火をね(笑)。

南波 でも、テレビ番組のディレクターさんも、これ三十六房をチェックしてるんじゃないかって思うのがありますよ。そこで出てくる地方アイドル、ここで紹介したアイドルさん達が多くて。テレビ局で普通に働いてる人が、井尻って町の「hipS Ship」ってアイドルを知ってるのかなって(笑)。僕も三十六房に来たお客さんから教えてもらいましたけど。

――やっぱり三十六房なんですよ、Rシーンを知るためには!

嶺脇 南波さんが紹介したアイドルがのちのち、1~2年後とかにブレイクしたりね。

――早すぎるんでしょうね。

嶺脇 だから見向きもされない(笑)。

南波 小池美由ちゃんとかテレビCMでも見たりするしね。

――橋本環奈ちゃんも。

嶺脇 東京初ライブ、南波さんと見ましたもんね。

南波 2013年にコンピが出たから、その前ですよね。

――当時から可愛いって有名だったんですか。それとも音で気になって。

嶺脇 音ですね。可愛い子がいるっていうのは、有名だったんで。初めて見た時なんて、お客さん20人もいなかったよね。

南波 感想は「可愛い」でしたけどね。曲もいいし。ただ、こんな風になるとは思わなかったけど。

――では、この番組を見てれば第二、第三の橋本環奈ちゃんが。

南波 でるかなぁ~(笑)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加