月刊エンタメ

2015年度の転入生の6人に聞いた! 「さくら学院に入って、ジッサイどうよ!?」完全版

2015年07月29日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 いよいよ夏フェスシーズンが到来し、“TOKYO IDOL FESTIVAL 2015”、“@JAM EXPO 2015”とビッグフェスの出演も間近に控え、勝負の夏を迎えた2015年度さくら学院。

 現在好評発売中の『OVERTURE No.003』でも、「さくら学院2015 Start Up!!~原点回帰と新たな挑戦~」と銘打って、“さくらの第2章”のスタートを6ページに詰め込めるダケ詰め込んでお届けしたのだが、そこには誌面スペースの都合上、泣く泣くカットした部分もかなり存在し……というワケで、ここエンタメNEXTでは、同企画内で掲載した転入生6人のクロストークを、読者の父兄諸氏に捧げる完全版として公開! 実はその場に5代目生徒会長の磯野莉音がいたという状況下でも、チョイチョイ脱線しつつ、自由にトークを繰り広げる彼女らのフレッシュな空気感を存分にお楽しみください!

※ちなみに取材当日は転入式直後になります。



——それぞれ、なんてあだ名で呼び合っているの?

麻生 みれなちゃん(黒澤美澪奈)、ソヨ(吉田爽葉香)、モモコ(岡崎百々子)、で私がまあや(麻生真彩)、マリン(日髙麻鈴)、カノかカノティ(藤平華乃)って感じ?

——カノティの由来ってどこから?

日髙 なんか言いやすいな~って(笑)。

黒澤 じゃあ、ソヨはソヨティ?

麻生 ソヨンティ、ソヨンティーヌ監督(笑)。

一同 アハハ、監督!!

——スタートから、いきなり不思議なテンション(笑)。早速ですが、皆さんの転入してみての感想を教えて!

黒澤 あんまりまだ実感がない感じですね。なんかアレ? なんだったんだろうみたいな感じで。

——もう本格的なレッスンも始まっていますよね?

黒澤 始まってはいるんですけど、まだ実感がないっていう(笑)。

——麻生さんは、どう?

麻生 あ~る……ですぅ!?

——あ~るですか(笑)!? どこら辺から実感し始めました?

麻生 普段のアミューズキッズのレッスンと違って、さくら学院のダンスレッスンって、振りも、腕や足を曲げるところとか、指先の角度を揃えるとか、厳しく細かいところまで、シッカリやるので驚きました!

岡崎 あと立ち位置とかも1ミリもズレちゃいけないとか、かなり厳しいです!

——1ミリも? ホントですか磯野さん?

磯野 だめです!

——厳しいなー。他のみなさんはあんまり実感ってないですか? 周囲の反応は? 

藤平 (何かを思い出しながら)フフフ、あります。

日髙 凄いね~って言われるよね!

黒澤 意外と友達は知らないかなっと思ったんですけど……転入式の後、学校に行ったら「なんか美澪奈が、さくら学院に転入って出てきたんだけど、どういうコト?」みたいな感じで友達に言われたり。
 

黒澤美澪奈
くろさわ・みれな
2001.5.22(中等部)
東京都出身

——ソヨンティは、転入式でお客さんの反応とか見てどうでしたか?

吉田 メッチャ楽しかったです♡

——登場時に父兄さんらが、メガネキャラと独特な声に衝撃を受けていましたよ。

麻生 確かにアニメみたいな声だよね~。

吉田 え~、そうかな? (照れながら)フフフフ。

——皆さんフリートークなんで、最近どうよ? みたいな話しでもいいですよ。

黒澤 じゃあ、最近どうよ?(笑)。

一同笑

——現状、振りは誰が1番上手いとかあります? 覚えが早いとか。

麻生 ダンスはモモコがスゴイ上手いよね!

岡崎 いやいやいや。

黒澤 まあやも、マリンもだよ。

——なかでも岡崎さんはダンスに自信アリ?

岡崎 (若干食い気味に)はい!!

——ではメンバー全員の中でライバルはいますか? 

岡崎 えっ、言っていいのかな!? えっと、メグちゃん(岡田愛)……。

一同 へ~意外~。

岡崎 なんか、すいません……。

麻生 そうなんだ~。てっきり同い年でも、(山出)愛子なのかな!? って思った!

岡崎 違う違うよ~、それに愛子がライバルなんて言ったら、あとで怒られそうだし(苦笑)。

一同爆笑

——じゃあ、歌が1番上手いのは誰?

一同 マリンちゃん!

——ダンスは岡崎さん、歌は日髙さん、ではトーク1番はもちろん……。

黒澤 もちろん私ですかね(笑)!

——じゃあ、1番の面白キャラは?

麻生 今はカノとソヨの2人かな~。

黒澤 まあやは場を和ませるよね。

——ムードメーカー?

藤平 そう、そういう感じ!

麻生真彩
あそう・まあや
2003.11.4生まれ(小等部)
神奈川県出身

——さくらには大切ですからね、ムードメーカーという存在が。入ったばっかりですけども、今後さくら学院に入ってこうしたいって目標はありますか?

黒澤 ひとつひとつのライブを楽しく、おもいっきり出来るようになって、もっとさくら学院の一員らしくなれるように顔笑ります!

——そういうコトを転入生同士で話したりもするの?

麻生 転入式では、みんな緊張していたんで、開演して在校生のみんながステージに向かった後に、うちらだけで円陣組んで「エイ・エイ・オー!」って気合いを入れてたよね!

——「エイ・エイ・オー!」ってなんか昭和ですね(笑)。

岡崎 その効果もあってか、悔いのないパフォーマンスが出来たんで良かったと思います。

黒澤 ちょうどステージでは『School Days』が始まる前ね。

——大賀さんが一生懸命、指揮を振っていた時ですね(笑)。

黒澤 ですね(笑)。そうやってライブやイベントなどを通してしっかり成長していき、さくら学院で色々な経験を積み重ねていけたらなっと、思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院