イベント

TIF2015開幕! SKE48やでんぱ組など熱気あふれる初日を取って出し!

2015年08月01日 19時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本最大級のアイドル夏フェス「TIF2015」が開幕した。8月1日と2日の2日間にわたって東京・お台場で開催される同フェス。例年、好天に恵まれるが、今年もギラギラと照りつける太陽のもと、屋内外の会場でアイドルたちが暑さに負けない熱いステージを繰り広げる。

 TIF2015の幕開けを告げたのは、恒例となった「ラジオ体操」だ。アイドリング!!!の河村唯、朝日奈央、三宅ひとみがMC役を務め、午前9時40分から無料屋外ステージの“SMILE GARDEN”にて、全プログラムの最初の催しとして開催。アイドルたちがファンと共に、純粋にラジオ体操を楽しむという、夏フェスならではの企画である。
 

背筋を伸ばす運動などでは、ファンから「うぉー!」という声が挙がる

 アイドリング!!!のほかにはも、5組のグループから一部メンバーが登場。京都から車で10時間かけてやってきた初出場の「ミライスカート」、シャム猫の可愛らしさをイメージした「SiAM&POPTUNe」、3回目のTIFで初めてステージパフォーマンスを披露する「フラップガールズスクール」、現代のWinkとも評されるアイドルデュオの「ななのん」、そしてアイドルと演劇が融合した「アリスインアリス」らが、新しい朝に彩りを添えてくれた。

 このラジオ体操ではアイドルフェスらしいアレンジが見どころの一つ。それは、推しメンバーを指さしながらジャンプする“推しジャン”が見られることだ。TIFでは観戦時のジャンプを禁止しているため、ラジオ体操は唯一、ファンも堂々とジャンプできる場なのである。
 

ここぞとばかりに推しジャンで舞い上がるファン

 Zeppダイバーシティを会場とする“HEAT GARAGE”でトップバッターを務めたのは、アイドリング!!!の派生ユニット「NEO」だ。10:10という早い時間にも関わらず客席は満員となり、その期待にNEOは全力のパフォーマンスで応えてみせた。

 結成当初の7人から、現在はNEO期生の5人のみと人数は減ったものの、同期ユニットとあって息の合ったパフォーマンスはアイドリング!!!本体とはひと味違うヒート感を味あわせてくれる。お台場をホームとすることもあってTIFのステージに身構えることもなく、朝から観客を見事にヒートアップさせてみせた。
 

私服風の衣装でステージを華やかに飾る「NEO」

Zeppダイバーシティは多くのアイドルにとって夢舞台の一つ。そこにTIFの巨大なバナーが掲げられているとなると尚更だ

 そしてTIFで最大の舞台となる“HOT STAGE”は、夏休み期間中に開催されている「お台場夢大陸」のSUMMER GATE スタジアムが、この2日間だけTIF専用のステージとなるもの。そこで先発を務めたのは、いまや海外での活躍も目覚ましい「でんぱ組.inc」だ。

 大スクリーンを備えるHOT STAGEは、ステージパフォーマンスと映像との華麗なシンクロも見どころのでんぱ組にとっては絶好のステージ。疾走感あふれる『Future Diver』や、新体操ばりのリボンダンスが楽しい『でんでんぱっしょん』、そして夏気分満載の『おつかれサマー!』まで、ギラギラ照り付ける太陽に少しも劣らないステージでアイドル界の夢大陸を感じさせてくれた。
 

作りこまれた映像でもファンの目を楽しませてくれる「でんぱ組.inc」

いまや武道館や代々木第一体育館も埋められるでんぱ組、客席には若い女性の姿も目立っていた

 ダイバーシティ東京 プラザ フェスティバル広場に設けられる“FESTIVAL STAGE”は、お台場観光に訪れた一般人も数多く通りかかるエリアにあり、成長途中のグループにとっては注目度を上げるための絶好の舞台だ。出演するのはメジャーデビュー前のグループが多く、この日2番目に登場した「転校少女歌劇団」も精一杯のステージングを披露。五人五色のパフォーマンスで道行く人たちの足を止めさせていた。
 

ダイバーシティ東京 プラザの大階段をバックにした“FESTIVAL STAGE”。観客からの眺めも壮観だが、アイドル側からの眺めはさらに壮大なことだろう


次のページでは「SKE48」等のステージを紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加