ライブレポ

さくら学院TIFレポート「大切にしてきたTIFのステージで見せた新生さくら学院」

2015年08月08日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」ライヴレポート@お台場・青海特設会場 2015.AUG.1&2

 今年もさくら学院がTOKYO IDOL FESTIVAL(以下TIF)のステージに立った。2010年8月、結成されたばかりのさくら学院の初めてのライヴが、この年、産声を上げたTIFの舞台だった。それ以来さくら学院の生徒たちにとって、TIFのステージは特別なものとされてきた。あれから5年が経ち、6回目の参加となるTIF。2010年のステージに立った10人の生徒は昨年度までに全員が卒業。まさに新生さくら学院にとっての初の大舞台となる。
 

 フェス当日の東京・お台場そして青海の気候は晴れ。今年も酷暑がアイドルそしてファンを襲う。それでも年々観客動員は増す一方のTIF。アイドルファンにとっても大切なフェスであることがわかる。そんな中、さくら学院は1日2日の両日に登場。部活動ユニットの登場もあるし、「IDOL SUMMER JAMBOREE」では他アイドルとのドリームユニットも組まれる。例年にも増して気合いが感じられるさくら学院のステージの模様を、初日から見ていこう。

 8月1日の土曜日、最初に登場したのは部活動ユニット。フジテレビ湾岸スタジオ1階に特設された「DOLL FACTORY」がその舞台だ。最初に登場したのは購買部の白井沙樹。さっそく新商品を紹介する前に、と白井は「3月で部員だった野津(友那乃)先輩が、あ、今は本条(友那埜)なんですけど……卒業してしまったので」と笑わせ、新入部員が入ったと告げると場内は大拍手。「こんにちは!」と今年の転入生で小5の吉田爽葉香がステージに上がると、フロアは割れんばかりの大歓声に包まれた。

たどたどしさのある吉田(右)のかわいらしさに、物販を買ってしまった父兄が続出

 例年だと転入式から約3ヶ月後のTIFがさくら学院にとって初めてファンの目の前に立つ機会だったのだが、今年は転入生オリエンテーションや、ネット配信番組の効果で転入生の名前もキャラもかなり知れ渡っているのだ。さくら学院初のメガネっ娘ということで特に注目されている吉田が白井とどんなトークを展開するのであろうか?

 今回紹介した商品は5周年記念のTシャツやタオルを紹介。白井がトークを進め、吉田がリアクションするという流れであったが、吉田が今後どんな風に化けるのか、期待したい。続いて披露した曲は購買部のテーマソングである『ピース de Check!』。野津のセリフだった部分は「爽葉香じゃイヤなの!?」に変わっていて父兄を悶絶させた。

 次に登場したのはクッキング部 ミニパティ。昨年度でメンバーすべてが卒業してしまったが、存続が熱望されていた人気部活動ということで、場内は大きな拍手だ。新メンバーは山出愛子(赤)、岡崎百々子(黄)、日髙麻鈴(緑)の3人。早速初期の楽曲である『プリンセス☆アラモード』を可愛らしいコックコート姿で披露。3代目ミニパティの誕生に、場内はすっかり歓迎ムードだ。続いて2代目の楽曲『ミラクル♪パティフル♪ハンバーガー』を披露。フロアはそれぞれの生徒たちのコールで大盛り上がり。3人は比較的難しいと思われる振り付けも堂々とこなし、転入生2人も転入式から比較すると格段のステージパフォーマンスを魅せる。今後どんな料理を作ってくれるのか、期待したい。

難易度の高い楽曲を、3代目ミニパティが楽しくかわいらしくパフォーマンス
(左から)岡崎百々子、日髙麻鈴

  • 1571_ext_08_0.jpg
  • 1571_ext_08_1.jpg
  • 1571_ext_08_2.jpg
  • 1571_ext_08_3.jpg
  • 1571_ext_08_4.jpg
  • 1571_ext_08_5.jpg
  • 1571_ext_08_6.jpg
  • 1571_ext_08_7.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院