トピックス

武藤彩未TIFレポート「初めてのTIF、2日間で残したもの」

2015年08月08日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武藤彩未「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」ライヴレポート@お台場・青海特設会場 2015.AUG.1&2

 武藤彩未が、TOKYO IDOL FESTIVAL(以下TIF)に戻ってきた。2010・11年にさくら学院の生徒会長として、この舞台に立って以来、実に4年ぶりである。その間レッスン期間を経て、昨年4月にメジャーデビュー。ライヴ経験を重ね着実にステップアップし、今年4月29日、19歳の誕生日には渋谷公会堂の地を踏むなど、孤高のソロアイドルの地位を確実なものにしてきた。その後、7月の南関東4公演のツアーを経て、さらなる挑戦の場所を求めてのフェス参加となった。ひとりで立った懐かしの地の景色はどんなものだったのか? 武藤の2日間をレポートする。
 

 初日は13時15分からの「SMILE GARDEN」のステージ。真夏の太陽がさんさんと降り注ぐ。いつものようにナウシカのテーマに乗って登場した武藤は、鮮やかなピンクのノースリーブの上に、カラフルなフレアのミニスカート。「皆さん初めまして。TIF初参加の武藤彩未です」と挨拶する。とはいえTIFはさくら学院でも経験済み、フェス出場も慣れているとあって気負いも萎縮もない。いつも通りの表情で最初の曲『Seventeen』がスタートした。手拍子で盛り上がる観客に武藤は嬉しそうな表情。上手から下手までステージ上を何度も往復しながら観客に手を振って応える。

 1曲で観客の心を掴んだ武藤、両腕を大きく振らせ、「AYM」の形を作って盛り上げる。『Run Run Run』では、様々なアイドルのタオルが観客の頭上で振られ、カラフルな波が踊るフェスならではの光景。曲はそのまま『Doki Doki』へ。ファンにはお馴染みのノリのよい曲の連続で客席の拍手は鳴り止まない。初見で様子見を気取っていた後方の観客たちも、いつの間にか笑顔で手拍子を送る。ライヴ映えする楽曲と武藤の歌唱力。数多くのアイドルたちのライヴを観てきたであろう観客の心も簡単に捉えてしまったようだ。

武藤の笑顔、そして美しい歌声が観客を魅了する

 ノンストップで次の『OWARI WA HAJIMARI』へ。すでに汗だくとなった武藤だが、酷暑の影響は感じさせない元気いっぱいのステージ。早くも最後の曲『彩りの夏』へ。じっくりと聴かせるイントロ部分の歌唱には初めてのファンも聴き惚れてしまったようだ。熱い手拍子と彩未コールが最後まで鳴り止まない。

 わずか25分のステージであったが、武藤彩未を初めて体験したファンをも十分に納得させるだけのライヴになった、初日のパフォーマンス。セミが鳴きやまない、うだるような真夏の空を、一瞬爽やかな風が吹き抜けていった。
  • 1572_ext_08_0.jpg
  • 1572_ext_08_1.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 武藤彩未