ライブレポ

武藤彩未がTIFで示した「パフォーマーとしての存在感」

2015年08月09日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015年8月1日、2日にお台場・青海周辺エリアで開催された「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」。約5万人を動員したこのフェスティヴァルに、武藤彩未は初めてソロとして出演した。

 その初日である8月1日、武藤彩未は野外ステージ「SMILE GARDEN」に登場した。「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」には他にもっと大きな会場もあるが、SMILE GARDENはチケットを購入していない人も見られるために、事実上の「メイン・ステージ」とみなされることも多い重要な場所だ。

 武藤彩未は、いつものように「ナウシカREMIX」とともに登場。その光景は、ふだんは「聖域」にいる武藤彩未というアイドルが、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」という場に降臨したかのような瞬間だった。ステージに立つと、武藤彩未は目を閉じたまま両手を高く広げて天を仰いだ。

 1曲目は「Seventeen」。暑さを一気に吸い込むかのような爽やかなポップスだ。観客も、初登場した武藤彩未への興奮を感じさせ、一斉に振られる手は波のようにSMILE GARDENへ広がっていた。そして武藤彩未は、炎天下でもステージの左右の端まで移動して観客を盛りあげる。

 そして、手を左右に振る練習から始まったのが「RUN RUN RUN」。武藤彩未のライヴでは、いつもタオルを振ることでおなじみの楽曲だが、驚いたのは武藤彩未が他のアイドルのタオルでもいいから振ってほしいと言ったことだ。そして実際に、さまざまなアイドルのタオルが振り回された光景は、武藤彩未が「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」を一気にホームに変えた瞬間に見えた。「RUN RUN RUN」のサビ終わりでは、真夏の青空にタオルが一斉に投げられていた。

 「Doki Doki」でも、武藤彩未は酷暑を感じさせないほどの安定したヴォーカルとダンスを披露した。そして疾走感に溢れたロック・ナンバー「OWARI WA HAJIMARI」を聴きながら、観客に女の子が多いことも感じていた。「TOKYO IDOL FESTIVAL」出演を機に、ファン層に変化が起きるアイドルは多い。武藤彩未もまた新たなファンをここで獲得したことだろう。

 最後は、80年代テイストの「彩りの夏」。筆者は、2015年7月に開催された「武藤彩未ライブハウスツアー2015『TRAVELING ALONE』」のうち、7月20日に新横浜NEW SIDE BEACH!!で開催されたライヴを見たが、もっとも鮮烈だったは、終演後にファンが「彩りの夏」を歌いながら会場を出ていく光景だった。そう、「彩りの夏」はアンセムなのだ。「コバルトの空を反射して」という歌詞の一節は、このステージのために用意されたものかと錯覚するほどだった。熱を帯びた「彩未」コールとともに、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」初日での武藤彩未のステージは終了した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 武藤彩未