ライブレポ

これがTIFで見つかった衝撃だ! 大阪☆春夏秋冬 東京1stワンマン ライブレポ

2015年08月13日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ステージの前に広がっていたのは、これまで彼女たちが見たことのない光景だった。大きなライブハウスを埋めつくす人、人、人。それまでのワンマンライブでは最大でも170人だったのが、この日の渋谷クラブクアトロには実に、550人のオーディエンスが詰めかけたのである。

 その全員が彼女たちだけを観るためにやってきた。地元で長年、彼女たちに声援を送り続けてきた古参。TIF2015で観た衝撃をあらためて体感しようとする者。そして、「TIFで見つかった」と話題のグループをその目で確かめるために来た初見の客。ファン歴は違えども彼らは、その瞬間に立ち会いたいという強い思いを共有していた。

「今からここで、とてつもないものが観られる」

 そんな異様なほどの期待感が、クラブクアトロのフロアに充満していた。ライブの始まりを告げる、鼓動のようなビート。それに呼応して拳を振り上げ、声を張り上げるオーディエンスたち。そして、真っ赤なライトに照らされたステージに現われた、7人の少女たち。

 まいな、あんな、まな、えおん、りな、ゆうな、るな。

 いままさに、ひとつの奇跡を起こそうとしている彼女たち。アイドル界のキーワード上昇ランキングがあったなら、いまそのトップに来る単語はおそらく彼女たちの名前に違いない。そう、「大阪☆春夏秋冬」である。

東京1stワンマンライブを成功させた大阪☆春夏秋冬。左からるな、ゆうな、えおん、まいな、まな、りな、あんなの7人

 2015年8月8日 16時57分、これから何年も語り継がれるであろうそのライブ、東京1stワンマンライブ「ハチハチ」は幕を開けた。

 1曲目は誰もが知るロック界のアンセム『We will Rock You』。V字のフォーメーションを取り、その切っ先に立つリードボーカルのまいなが、初っ端からその力強い歌声を響かせる。

 ほかにマイクを持つのは、まなとえおん。7人中3人がマイクを持ち、他の4人はダンスに専念する形だ。他のグループではあまり見られないスタイルだが、違和感は感じない。いや、違和感など感じる余裕がないほどに、すでに1曲目から会場のボルテージは高まりまくっているのである。

 サビの「We will,we will, Rock You!」では、「おーさか、しゅんか、しゅーとー!」の大合唱だ。今日が初参戦、もしくはTIFやアイドル横丁夏祭りのみという新規ファンでさえ、腹の底から声を振り絞る。ほんの1曲で、大阪☆春夏秋冬はクラブクアトロを、自分たちのハコに変えてしまったのである。
 

真っ赤なライトに照らされながらのオープニング。この日は照明マンのセンスも冴えに冴えていた

 2曲目はオリジナル曲の『カメレオン少女』。TIFでも話題になった異次元のパフォーマンスが展開される。それを“熱いダンス”だとか“激しいステージ”と表現するのはあまりにも安直だろう。動きもフォーメーションも、これまで観たことのないものばかり。目の当たりにした初見のオーディエンスたちは、若干の当惑を感じつつも、「これが観たかった!」とカラダが自然に反応していたはずだ。

 なかには目の前で起こっている光景が処理しきれず、茫然と立ち尽くす者もいたかもしれない。それほどまでに観る者を圧倒するパフォーマンス。この空気感は、2012年1月にドロシーリトルハッピーがSHIBUYA O-EASTで開催した初ワンマンライブでも充満していた。その後のドロシーの活躍は説明不要だが、ドロシーは当時すでにメジャーデビュー済み。だが大阪☆春夏秋冬は未だ、大阪を拠点とするローカルアイドルに過ぎないのである。
 

『カメレオン少女』で見せる振り付けは、どのアイドルグループにも似ていない、大阪☆春夏秋冬ならではの動きだった

常に腰を落としつつ、下半身も駆使しての表現で魅せる彼女たち。半端なダンス歴では身に付かないレベルの動きだ

 ともあれ、彼女たちのステージに惹きつけられ、前のめりになった客席を、次の曲が明るく沸かせる。誰もが知る曲に独創的な振付を被せてきた『モンキーマジック』である。

 その動きはまさに衝撃。アイドルというよりは、米国のアーティストに近いといったら言い過ぎか。ともかく序盤にみんなが知っているカバー曲を寄せてくることで、場の雰囲気を一気にホーム化するとは、よく練られたセットリストではないだろうか。
 

ミッキー吉野の華麗なキーボードプレーに被せられる、攻撃的なダンス。「モンキーマジック」のPVでもこの特徴的なムーブを目の当たりにすることができる

激しい動きの中に満面の笑顔。このギャップにやられてしまうのは間違いない

■ポップナンバーからハードロックまで自在にこなす器用さ

 もはや温まったどころではない客席を前に、ここで最初のMCタイム。大阪☆春夏秋冬のライブに必要なのはむしろ、クールダウンの時間なのかもしれない。整列したメンバーが順番に自己紹介を行なう。曲中やPVではリードボーカルまいなに目が行きがちだが、7人が並ぶと、それぞれ異なった個性の可愛らしさが際立つ。初見のファンにとっては推しメン候補を探す絶好の場面だ。

 各メンバーがハチハチを開催できたことへの感謝と喜びを口にするなか、早くも感極まって涙を見せるえおん。実は彼女、TIFでは風邪が治りきっておらず、不本意なパフォーマンスに終わったという悔しさを抱えていた。それゆえ快復を果たして万全な状態で臨んだこのステージに懸ける思いは強かったのだろう。
 

実にうれしそうな表情でオーディエンスに語り掛ける。いま彼女たちの目の前には、ひとつの夢が結実した光景が広がっている

 ここからは2曲続けての洋楽カバー曲。『The Lazy Song』でメンバーが作ったアーチをまいなが潜り抜けるシーンは、原曲PVへのオマージュになっており、小粋さを感じさせる。さらには紙飛行機を客席に放り投げるなどファンサービスも忘れない。

 続く『BABY』も含めたこの2曲は小気味のいいポップナンバーで、ダンスにも寸劇要素を取り入れるなど、彼女たちの振り幅の大きさを示す格好のショーケースだ。
 

ブルーノ・マーズのヒット曲『The Lazy Song』は小気味いいポップナンバーだ

ボーカルを囲んでのかごめかごめは、アイドルシーンではよく見るムーブだが、その速さがとんでもない! 遠心力で千切れてしまいそうなほどだ

クラブクアトロのパンフレットを手にしての演出も。このあとで紙飛行機を客席に飛ばしていた

 ここで2回目のMC。あんな、まな、えおんの3人が残り、プロデューサーのSOEZIMAX氏からの手紙(質問)に答えるというコーナーだ。えおんがやたらと鼻血を出すとか、まながポンコツだといった個人ネタが続く。途中では、まいなが新衣装のまま出てきてしまい、観客が一斉に「あーっ!」と叫ぶ場面も。ともかく大阪人ならではの軽妙なトークもあいまって、観る者を飽きさせない。

 しかもこのMCがめちゃくちゃ長い! およそ23分にもおよび、着替えタイムだとしたらシャワーも浴び終えるほどである。だが、不思議と冗長感はなく、むしろ、パフォーマンスは激しいのにトークは女の子っぽくて可愛らしいというポジティブなイメージを演出できていたかもしれない。とにかく今回のライブはやることなすことすべて、彼女たちの魅力を惹き出す方向に働いていたのである。
 

あんな、まな、えおんの3人でMC。SOEZIMAX氏から各メンバーへの質問という形を取り、他のメンバーを呼び込みつつの進行だった

 そして、新衣装となる黒のタンクトップ。そこには「faith」(信念)の文字が大書され、このライブに漕ぎつけるまで彼女たちが胸に抱いていたであろう覚悟を感じさせる。

 ここで披露するのは、ロック好き男子を熱狂させるあのカバー曲。全編ワンカットのPVも衝撃的な『Kill The King』だ。期待通りの激しいヘドバンも繰り出し、再び会場は熱狂の渦に巻き込まれる。
 

まいながオーディエンスを挑発するように歌い上げる『Kill The King』。その姿にはロニー・ジェイムス・ディオを重ね合わせることもできよう。実際、終盤まで衰えを見せない驚異的なノドの強さは、まさにディオ級なのだ

そして激しいヘドバン! 全身を駆使したエネルギッシュなヘドバンに客席も波打って揺れていた

 続いては3rdシングルの『BABY CRAZY』。ホーンセクションを導入し、ファンク調のリズムで歌い上げる曲だ。横並びになって隣のメンバーの肩に手を置き、ステップを踏むダンスがミュージカルのワンシーンのようでカッコいい。

 なんでも振付師が他の曲と違うらしく、そんな変化もひとつのステージで楽しめるというわけである。
 

『BABY CRAZY』の特徴的なラインダンス。ステージのサイズに合わせて動きを大きくしてきたようだった

常に立体的なフォーメーションを意識している大阪☆春夏秋冬。全メンバーが際立つ組み立てとなっている


 次のページでは渾身のバラード、そして感動のMCを紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 大阪☆春夏秋冬