ライブレポ

Negicco 「次の夢は武道館」夏の野音で堂々宣言! ライブレポート前編

2015年08月18日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015年8月16日、東京・日比谷野外音楽堂にて『Negicco at 日比谷野外大音楽堂 Road of Negiiiiii ~Negicco One Man Show~ 2015 Summer』が開催された。

 お盆休み最終日。天気にも恵まれ、蝉時雨が降る会場には約2500人のファンが集まった。Negicco史上最大キャパとなる本公演は、総勢8名のNEGiBANDを従えてのフルバンド仕様。メインステージにはNegiccoの故郷である新潟の萬代橋をモチーフにしたセットが組まれ、客席中央には稲穂が揺れるサブステージまで設置されている。ステージ中央から3人が現れると、「せーの!」の掛け声から『トリプル! WONDERLAND』でスタート。この日のために用意された新衣装は、やっぱりトレードマーク・緑のネギカラー。厚手で重みのある素材で仕立てられたスカートは、3人が舞い踊る度に裾がひらひらと可憐に揺れていた。

 続いて『ネガティヴ・ガールズ!』のイントロが流れると、メンバーは一斉にサブステージに向かって歩き出す。「ついに来たよ、野音!」と、Meguが笑顔で客席を煽り、Nao☆は「いつ盛り上がるのー?(今でしょー!)」と、いつも通りのスベり芸を披露して和ませる。Kaedeは曲中のセリフパートを「サトウのごはん、食べてさ」とアレンジし、CMキャラクターを務めるサトウのごはんをしっかりとPRした。

 序盤から『1000%の片想い』、『ライフ・イズ・キャンディ・トラベル』など定番曲で駆け抜けていく。嬉しそうに広いステージを左右に走り抜けた『トキメクMERMAID』、そして『パーティーについて。』とポップなナンバーが続いたところで、日没を迎える。Nao☆の「景色も変わってきて、ムーディーな感じ!」というコメントから、アコースティックコーナーへ。観客も一斉に着席し、しっとりと聴き入るモードで待ち構える。そして、『Summer Breeze』から、3人の歌とその物語に引き込まれていった。大人のラブソング『ルートセヴンの記憶』では、会場いっぱいのネギライトがワイパーのようにゆっくりと左右に揺れる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Negicco