ライブレポ

Negicco 夏の野音で田島貴男と1・2・サンシャイン! ライブレポート後編

2015年08月18日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015年8月16日、東京・日比谷野外音楽堂にて開催された『Negicco at 日比谷野外大音楽堂 Road of Negiiiiii ~Negicco One Man Show~ 2015 Summer』ライブレポート後編。


Negicco 「次の夢は武道館」夏の野音で堂々宣言! ライブレポート前編


 鳴り止まないアンコールを受けて3人が再び登場すると、新潟への愛が詰まったステージセットについてのトークへ。「あの稲も、新潟から直送した新潟産の稲なんです」と興奮気味に語るMeguに対し、Nao☆は「稲だけに、い~ね!」というギャグで観客を脱力させた。

 そうこうしていると、ステージ中央からスペシャルゲスト・田島貴男が登場。これには普段大人しいNegiccoファンも大騒ぎ。真っ赤なシャツに身を包んだ田島は、凄まじいオーラを振りまきながら「こんにちネギネギー!」をこれでもかと繰り返す。「そこのお嬢さんたち、テンション高いですか? 野音のお客さん、テンション高いですか? どうも、テンション貴男です!」と挨拶し、「イエーイ! 新潟~!」の雄叫びで、会場を盛り上げた。そのまま、「1・2・サンシャイン~!」の掛け声とともに、地元・新潟の夏をふんだんに詰め込んだナンバー『サンシャイン日本海』をNegiccoとコラボレーション。

 以前からNegiccoのライブを客席で鑑賞することが多かった田島。昨年9月に行われた新宿LOFTのライブ直後には「サンシャイン日本海の「サンシャイン!」は、なぜかあまりみんな一緒に歌ってくれないので僕ひとり「サンシャイン!」と絶叫してきました」と寂しくPOSTしていたが、この日は客席からのコールもばっちりと揃い、笑顔を浮かべた。会場からは「貴男」コールが巻き起こり、田島も「ずっと客席で観ていたから、こっちに来られて本当に嬉しい」とステージを後にした。あまりの熱気にMeguは「田島さんのコンサート会場に紛れ込んじゃったみたいな凄さを感じましたね」と笑う。

 ホーン隊のダイナミックな演奏と共に最新シングル表題曲『ねぇバーディア』、そして最後は『トキメキ★マイドリーム』でしっとりと幕を閉じた。

 最後のMCでは本公演への想いをそれぞれ語る。末っ子・Kaedeは「2年前に(野音に)絶対立ちたい! と思っていたんですけど、そこから2年で立てるとは思っていなくて。周りの方の支えもありましたし、自分たちも諦めないで、この3人で続けているっているのは素敵なことだなと思います。これからも引き続き、応援よろしくお願いします。ありがとうございました」と謙虚に振り返った。

 ムードメーカーとして当日のMCを牽引してきたMeguは「みなさん、今日はありがとうございました。今でも野音に立てているということが凄く不思議で、嬉しくて、ドキドキが止まらなくて。1年前は無理だろうと言われていました。でもその1年後、その野音のステージに私たちは立っています! 引き続き、Negiccoの応援よろしくお願いします」と前向きなコメントで締めくくる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Negicco