ライブレポ

さくら学院の夏、ラストステージ “成長の季節”を越えて

2015年09月01日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院「@JAM EXPO 2015」ライヴレポート@横浜アリーナ 2015.AUG.29
 
 夏の最後を飾るアイドルフェスティバル「@JAM EXPO 2015」の舞台に、今年もさくら学院が登場した。「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」(以下TIF)から1ヶ月、厳しい夏のレッスン期間を経たさくら学院が夏の終わりにどんな成長を見せてくれたのか?そのステージの模様をお届けする。
 

 前の週に日本列島付近を通過した台風の影響もあり、8月とは思えない涼しい気候が続いている。この日の横浜地方も気温は25度を下回る10月上旬並みの肌寒い気候。時折雨もぱらつき、灼熱地獄であったTIFとは打って変わった空気。屋内フェスではあるが、アイドルにとってもファンにとっても過ごしやすい天候になった。

 朝から大勢のファンが詰めかけ盛り上がりを見せる中、さくら学院の最初のステージは12時35分からのブルーベリーステージ。メインステージであるストロベリーステージに続く規模のステージで、通路にあるオープンなステージとは違って、広い別室を丸々使った構成になっている。他のステージとは区切られているため、午前中からの熱気が充満しており蒸し暑く感じる。

 Party Rocketsのパフォーマンスに引き続いて現れたさくら学院の12人は、始業のチャイムが鳴る中、夏服の制服で登場。最初の曲はオクラホマ・ミキサーのフレーズで始まるお馴染みの『ベリシュビッッ』。6人の転入生が加わり、小等部も4人に増え、フレッシュ感あふれる歌とダンスでフロアは早くもヒートアップ。フェスであり、場内はさくら学院を初めて見るというアイドルファンも多かったことと思うが、そのキュートで一生懸命なパフォーマンスは数多くのファンの心を捉えたはずだ。

 続く『FRIENDS』では各メンバーを呼ぶコールや手拍子も鳴り止まない。中等部に進級した岡田愛や中等部2年になった倉島颯良といったさくら学院2年目を迎えた生徒のダンスがグッとキレを増しているのがわかる。最上級生となった磯野莉音、大賀咲希、白井沙樹のパフォーマンスも安心感を増し、中等部1年ながらキャリア3年目を迎えた山出愛子の歌唱も輝きを増している。

 持ち時間の関係でMCもそこそこに始まった『マセマティカ』。歌いながら算数・数学の公式が覚えられてしまうという内容。思い起こせば昨年、新曲の『ハートの地球』を初披露したのは9月の単独ライヴでのこと。今年はそれよりも1ヶ月早い新曲披露となり、2015年度のさくら学院のやる気と仕上がりの速さを感じてしまう。

 次は早くもこのステージでの最後の曲。「12人のひとつになった姿を皆さんに届けたい」と生徒会長の磯野の曲紹介で始まったのは『君に届け』。TIFに続いての披露となった、昨年度のアルバムのタイトル曲。過去の名曲同様、この曲もこれからずっと歌い継がれていくナンバーとなるのだろう。成長への努力と苦しみ、友への感謝といったさくら学院での日々の思いがすべて詰まった楽曲。転入生の6人も難なくパフォーマンスしているように見えても、この夏はきっと成長へのつらさ、悔しさなど様々なことを乗り越えてきたはず。それでもステージ上ではそんな思いはつゆほども感じさせず、舞台に立てる喜びを爆発させている。その爽やかな笑顔が、「明日からも顔笑ろう」という気持ちをファンに思い起こさせてくれる。

 あっという間であった20分間の最初のステージ。父兄ならずとも、これだけでは物足りないという思いを感じたはずだ。午後のステージも更に楽しみとなった。


次ページは、12人で挑む「@JAM EXPO」最大のステージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院