ライブレポ

富士山の麓でアイドル150組を観る至福の空間―Twin Box Fujisan初日を現地レポ!

2015年10月02日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アイドル150組が山中湖に集合! 9月22日と23日の2日間にわたり、富士山麓の山中湖畔にてアイドルフェスの「Twin Box Fujisan 2015」が開催された。今回はその初日の様子をレポートしたい。

 同フェスは、2012年に秋葉原にオープンしたライブスペース「Twin Box AKIHABARA」の3周年を記念して開催されたもの。数々の音楽イベントも開催される「山中湖交流プラザ きらら」を会場に、全部で5つのステージと物販のテントブースが設置され、シルバーウィークのリゾート地にアイドルたちの熱い歌声が鳴り響いた。
 

Twin Box Fujisanのエントランス風景。黒いゲートが入場口で、その奥に会場が広がっている。

 記者が到着した午前11時の時点で、1000台収容の駐車場は半分ほどが埋まっており、早い時間からなかなか盛況の様子。イベント自体は10時スタートで、入場口をくぐると右側には参加各グループの画像をあしらったのぼりがはためき、いやがうえにも気持ちが盛り上がる。

 そして目に飛び込んでくるのはグリーンステージだ。ここにはグリーン、ブルー、レッドという3つのステージがコの字状に配置されており、3つのステージを簡単に掛け持ちできる位置関係になっている。
 

各グループののぼりをバックに記念撮影を行なうファンも多かった。

 ステージが隣同士だと音が混ざり合うのではと心配になるが、実際にはまったくと言っていいほど気にならない。MCの時に隣の歌声が少し聞こえる程度で、それがMCの邪魔になることもなかった。むしろ、何かしらの歌声が絶え間なくこえてくることで、フェスっぽい雰囲気に包まれるというメリットもあるのだ。

 それらのステージから少し離れた場所には、新進気鋭のグループが出演する富士見ステージがあり、その周辺には物販用のテントが立ち並んでいる。ここまでがひとつのエリアとなっており、フードカーも複数あるなど、これだけで立派なフェスと呼べるほどの規模になっていた。
 

グリーンステージは相当な大きさ。これと同サイズのレッドとブルーがコの字の形に配置されている。

最もコンパクトな富士見ステージだがアイドルとファンの熱さは他のステージに引けを取らない。

 さっそく物販のテントをのぞいてみると、ビジュアル系ロックアイドルのリリックホリック歌劇団を発見。9月15日深夜に放送されたバラエティ番組「そんなバカなマン」(フジテレビ系)で一気に注目度が上がったグループで、この日も早い時間の出番だったにも関わらず、他グループのファンも含めて列ができていた。

 他のブースでは、TwinBoxAKIHABARAで定期ライブを開催しているフレンド♡フレンドが無料握手会を開催。わずか4日前にメインステージでのオープニングアクトが決定したばかりで、貴重な機会をファン拡大に活かしていた。この手のフェスでは新規グループの開拓も楽しみの一つとなる。
 

リリックホリック歌劇団の水輝りん、タマ、ルルル%ルリア。ゴスロリ系衣装とリゾート地の取りあわせもまた面白い。

フレンド♡フレンドの無料握手会には新規ファンや家族連れの姿も。こういった地道な活動がファン層の拡大に寄与するはずだ。

 そのメインステージことTwinBoxステージは、このエリアから奥に向かって数分歩いたところにある。早速足を運んでみると、巨大な建物が見えてきた。山中湖畔にそびえる“シアターひびき”がこの日は、メインステージとして使われているのである。

 その規模たるや、a-nationのようなスタジアムフェスにも匹敵するサイズ。その前には奥行き100mほどもある扇形の客席エリアが広がる。満員になると実に8000人もの観客を飲み込み、アイドルフェス分野では最大級のステージと言っていいだろう。
 

TwinBoxステージの途方もないサイズ感。これで客席スペースの半分も写っていないのだ。

 記者が訪れたときはちょうど、フラップガールズスクールがタオルを振り回しながら『面舵イッパイ!』をパフォーマンス中。傍目にはステージ前に少しだけ観客がいるように見えるが、実際にはTwin Box AKIHABARAには入りきらないほどの数百人が集まっており、ステージの巨大さを実感させる。

 同様にステージ上の広さも相当なもの。総勢20名を超えるALLOVERがパフォーマンスしている時でさえ、まだ余裕を感じさせるほどだ。

 一方で客席には後ろ上がりの角度が付いており、どこからでも見やすい構造になっているため、Cupitronのような3人組でもステージに注目して楽しむことができる。どんな規模のグループでもそれぞれの持ち味を見せられる絶好の場となっていた。
 

5人組のフラップガールズスクールが豆粒のように見えるほどステージエリアは広大だ。

ALLOVERのパフォーマンスが少しも窮屈に見えないステージなどそうそうあるものではない。

客席の視線をきっちり自分たちに集めていたCupitron。パフォーマンスの良し悪しが如実に表われるステージでもある。

 ほかに特筆すべき点としては、どのステージも音響が良いのである。ボーカルが埋もれたり、演奏が割れたりすることもなく、屋外とは思えない良品質の音を楽しむことができた。これならステージ上のアイドルたちも、思う存分に力を発揮できたことだろう。


次のページは、メジャー系とライブアイドルが入り乱れるカオスでハッピーな空間をレポート!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加