連載/特集

AKB48『ハロウィン・ナイト』で気づいた「なぜ日本人はディスコが好きなのか?」 マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2015年10月03日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 みなさん、AKBの最新シングル『ハロウィン・ナイト』、聴きました? ま、この連載を読んでいる人なら当然チェック済みだよね~。

AKB48『ハロウィン・ナイト』

#52_AKB48『ハロウィン・ナイト』

 同曲は「AKB48 41stシングル選抜総選挙」で栄冠を勝ち取った指原ちゃんがセンターを務めるナンバー。曲調は1970年代のディスコ風。ディスコといえば、2013年に指原ちゃんがセンターを務めた楽曲『恋するフォーチュンクッキー』もそれ風だった。AKBの中ではディスコ=指原ちゃんという図式になっているのかもしれないね。

  でも今回のナンバー、ディスコとしては『恋するフォーチュンクッキー』を軽く超える完成度です! 実はボク、1970年代のディスコが大好物で、中古レコード屋やオークションでアナログレコードを買い漁ったこともあるくらいなんですよ。そんな、ちょっとマニアックなボクからしても、このトラックはすごいと思っちゃう。

  だって打ち込みサウンド特有の安っぽさが全然ないでしょ? そして外国人(?)と思しき女性コーラスなんかもしっかり入ってる。そして曲のメロディ、アレンジ、間奏のブレイクも含め、1970~1980年代のディスコの名曲たちをいくつか合体させたんじゃないか? ってくらい、ディスコの良いところが上手くミックスされている。

  そのサウンドの上に日本特有のアイドルっぽい声が乗ってるんだよ? 超ハッピーじゃん! この曲はアイドル&ディスコの組み合わせの成功例の見本、と言ってもいいくらいだね。

  ちなみに今期のアイドルソングはなぜかディスコ物が多くて、つりビットの新曲『釣り銭はいらねぇぜ』もディスコナンバーでした。こちらは和風ディスコ。メロディの展開やアレンジがけっこう複雑で、非常に日本的でしたね。

  ところで、ひとつ疑問なんですが……なんで日本人ってこんなにディスコが好きなんですか? アイドル界だとモーニング娘。の初期~中期のヒット曲の多くはディスコ風だったし、氣志團『One Night Carnival』、ゴールデンボンバー『女々しくて』もディスコ特有の4つ打ちビートが使われている。欧米のチャート曲だと4つ打ちの曲はむしろ少数派だからね。「日本人はディスコ大好き説」、これはちょっと研究する余地があるかもしれない……。

(構成・文/尾谷幸憲 協力/バラン野島)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース