連載/特集

サビのない異例のEDMアイドル STEREO JAPANの魅力とは? マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2015年10月06日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 いま一部のマニアの間で、STEREO JAPANというアイドルが話題を呼んでるみたいですね。彼女たちはSTEREO TOKYO、STEREO OSAKAというそれぞれのユニットが合体して出来た14人編成の大所帯アイドル。どんな楽曲をやっているかというと……なんと、EDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)なんです。

STEREO JAPAN『Anthem』

#53_STEREO JAPAN『Anthem』

 EDMとは近年欧米のクラブシーンで流行しているダンスミュージックのジャンル。これを日本アイドルではじめて本気でやってしまったのが、STEREO JAPANなわけですね。ボクはこの2ndシングル『Anthem』ではじめて彼女たちのサウンドに触れたんだけど、うん、これはいいね。アイドルとEDMは合う。聴いていて、超気持ちいいじゃん。

 だけど、ビックリしたのが、この曲のサビの部分。なんと『Anthem』にはサビの歌メロがないんです! 確かにEDMは基本的にサビの歌メロというものがない。その代わりに印象的なシンセサイザーのリフレイン(繰り返し)があるだけなんです。でもさ、日本の曲って基本的にサビの歌メロがしっかりしてるじゃん? その部分がCMやドラマで印象的に使われたりして、耳に残ったりするものじゃない? その日本的な基本をあえてやらない、という大英断はすごいと思うよ。

 で、これはあくまで日本マニアのボクの意見なんだけど、もうちょっとJ-POP~アイドルの色を足してもいいかもしれない。EDMの成分(つまり洋楽っぽさ)をちょっとだけ薄めるというか。そうすれば彼女たちの新しい魅力が出てくるかもしれないなぁ、なんて思っています。

 ところでこのSTEREO JAPAN、5月に出たデビューシングル『Electron』の購入特典として、「CDを500枚買ったらメンバーと一緒にリムジンに乗って、海沿いをドライブ出来る!」という特典があったんだとか。これ、本当に実行されたのかな? そもそも500枚のCDってどこに行けば手に入るんだろう。Amazonだって、そんなに在庫抱えてないと思うんだけど……。

(構成・文/尾谷幸憲 協力/バラン野島)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース