ライブレポ

転入式以来のワンマンライブに成長を実感 さくら学院9/27昼ライブレポート

2015年09月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院『さくら学院 2015 ~放課後 ナンバーマジック~』ライヴレポート@TSUTAYA O-EAST 27.SEP.2015


 さくら学院のワンマンライヴ昼夜2公演が、東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで行われた。5月の転入式以来、約5ヶ月ぶりの単独公演。ひと夏を越えて転入生6人を含む12人の生徒たちはどんな成長を見せてくれたのか。まずは昼の部『さくら学院 2015 ~放課後 ナンバーマジック~』の模様をお届けする。
 

  シルバーウイーク明けの9月最後の日曜日。東京地方はすっかり涼しくなったが、雨がちの毎日で爽やかな秋晴れ、という日はなかなかない。この日も曇り空。午前中は雨もぱらついたハッキリしない空模様だ。しかし物販の行列に並ぶファンにとっては楽な気温となり、朝から並び始めた行列は物販開始の10時45分には最後列で1時間半待ちになる程の長さとなった。

  キャパ1300人の会場はソールドアウト。フロア後方までビッシリと埋まり、開演前から熱気が凄い。ステージ上は左右にお立ち台が一つずつ置かれただけのシンプルな構成。フロアの左右上部にはスクリーンが設置してある。

  場内に流れる曲が可憐Girl'sの『MY WINGS』から武藤彩未の『OWARI WA HAJIMARI』に変わるとフロアからは手拍子も加わる盛り上がりを見せ、14時ちょうどに始業のチャイムが鳴る。最初の曲は『ベリシュビッッ』。ステージ上に勢揃いした12人の明るく元気な姿に、シルバーウイークのオタ活の疲れも抜けきれずに疲れ気味の表情の多かったフロアの観客たちの表情も、みるみる癒やされ笑顔に変わっていく。

  これから始まる楽しい予感に満ちた『チャイム』。夏の期間のフェス出演、そして厳しいレッスンを乗り越えた12人の動きはキレキレ。羨ましいほどの若さに満ち、輝いている。

  ノンストップで続く3曲目は『School days』。何度も演じられてきた初期の3曲が続くが、半分が転入生というフレッシュなメンバーによるパフォーマンスでは新鮮で初々しく見える。とはいえ仕上がりの良さは例年以上と感じる。夏のフェスの頃より完成度はグンと増している。

  ここで生徒たちの自己紹介。お題は「好きな寿司のネタ」。日髙麻鈴は「タコ」。流ちょうな英語の発音で「オクトパス」と続けて拍手をもらった。岡崎百々子が「いくら」、倉島颯良が「あん肝軍艦」と続けると、磯野莉音は「あん肝がわからない、魚の名前?」と笑わせる。岡田愛は「シーサラダ」と、寿司ネタじゃないメニューで苦笑させると、山出愛子は「カニとカニ味噌が乗った軍艦」と渋いセレクト。

  麻生真彩は「とろサーモン」と女の子の好きなネタを挙げれば、白井沙樹は「回らない寿司屋の玉子、ほかほかで大根おろし乗せると美味しい」とOL風アピール(笑)。一番小柄な藤平華乃はお立ち台にちょこんと乗って「エビです♪」とエビのように跳ねて見せ大きな拍手をもらう。吉田爽葉香は「お稲荷さん」とフロアをほっこりさせ、大賀咲希は「みんな大好き牛カルビです」と場内を爆笑させる。黒澤美澪奈の「茹でた海老」に続いて、磯野は最後に「チョコケーキ」とデザートで締めた(笑)。大半は寿司ネタというより回転寿司のメニューで占められ、フロアの父兄たちもホッと一安心といったところか。

  さくら学院の9月公演といえば、転入式以来のワンマンという事もあり、転入生たちはどんなキャラなんだろう? ちゃんとトークできるのだろうか? といった心配も例年なら感じるのだが、今年はLoGiRLという配信番組の影響もあり、父兄たちも転入生それぞれの人となりもわかっているし、彼女たちのトークも鍛えられている。そういう面でも安心して見守ってられる、そんな空気がフロアに醸し出されている。


次ページは、久々に歌われるあの曲や新曲披露に父兄大盛り上がり!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院