トピックス

「台北公演を祝して、乾杯!」Juice=Juice初の海外公演を開催

2015年10月05日 07時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 10月3日、Juice=Juiceが初めての海外単独公演を台北市内ライブハウス・河岸留言 西門紅樓展演館/大河岸で行なった。

 海外自体が初めてのメンバーは、行く前から海外に対しての興奮と期待と緊張を抱えていた模様。訪れたことのない国に自分達のファンがいることが想像できなかったようだが、台北の空港に到着したJuice=Juiceを迎えたのは100人を越える現地ファン。メッセージが書かれた大きなボードやうちわでアピールするあたたかいファンの歓迎に、早速メンバー一同感動を味わい大きな笑顔とともにファンに手を振って応えた。

空港では、メンバーを歓迎するたくさんのファンたちが集まっていた

 台湾でハロー!プロジェクトのメンバーが公演を行なうのは2008年のモーニング娘。、2013年のBerryz工房、2014年の℃-uteに続いて4組目。2013年9月にメジャーデビューしたJuice=Juiceは、2年目にして初の海外単独公演に辿り着いたことになるが、これはハロー!プロジェクトのグループの中でも歴代最短での海外進出となる。

 会場には日本と変わらずJuice=JuiceのTシャツを着て、サイリウムを片手に気合十分なファンが詰め掛けた。初めて観る生のJuice=Juiceのパフォーマンスを待ち侘びるファンの熱気と興奮の沸点に達したのは、まさにメンバーがステージに登場した時だった。チャイナ生地が使われた光沢感のある白いドレスに身を包んだ5人が現れ、1stアルバム収録曲『CHOICE & CHANCE』から勢いよくスタート。台湾のファンもそのスタートダッシュにぴったりと応えるコール&レスポンスで、1曲目からライブを思う存分楽しむ。

  登場から3曲歌い終えたところで、メンバーが1列に並び「ダージャーハオ!ウォーメンスーJuice=Juice!!」と、台湾語で5人が揃って元気に挨拶をすると、会場からは“ようこそ台湾へ”と言わんばかりの拍手と歓声が起こった。続いてメンバー1人ひとりが自己紹介。たどたどしい発音ながらも覚えてきた現地の言葉でそれぞれがメッセージを伝え、高木紗友希に順番がまわると「私は大スターです」と言うオチャメな高木らしい発言に会場からは笑いが起こった。これには高木も用意してきた言葉で笑いがとれたことに満足の笑み。続いて、「皆さん元気ですか?初めて来ました。初の海外でのライブ、音楽の力で皆さんとひとつになりたいと思います。最高な時間にしましょう」と台湾語で意気込みを語った。

  Juice=Juiceのツアーでは毎回行なわれている“乾杯ジュース”。毎回お祝いするテーマを立てて、それに対してメンバーがライブ開催地であるご当地のジュースで乾杯をすることが恒例となっているが、ここ台北公演のステージでも“乾杯ジュース”のコーナーが展開された。ステージに運び込まれたのは、タピオカ入りジュース、レモンジュース、グアバジュース、スイカジュースと、台湾ならではの魅力的な飲み物が揃った。もちろん祝うべくテーマは、この初の台湾公演。リーダーの宮崎の「Juice=Juice台北公演を祝して、乾杯~!」という掛け声とともに、会場はお祝いモード一色に。

Juice=Juiceのライブでは恒例の乾杯を、台湾バージョンで!

  • 1626_ext_08_0.jpg
  • 1626_ext_08_1.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: Juice=Juice