トピックス

大阪☆春夏秋冬が銭湯を絶賛するパロディPVを公開、そのメイキング画像を独占入手!

2015年10月10日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 今夏のTIF2015でのパフォーマンスをキッカケに、注目度が急上昇している大阪☆春夏秋冬(略称:しゅかしゅん)が、抱腹絶倒のパロディPVを公開した。エンタメNEXTではそのメイキング画像を独占入手したのでご紹介したい。
 

パロディPV『風呂・ザ・キング』に出演する大阪☆春夏秋冬。左上から由奈、瑠奈、里奈、杏菜。左下から恵園、舞奈、茉奈の7人。

『風呂・ザ・キング』と題された同ムービーは、しゅかしゅんがカバーしている古典ロックの名曲『Kill the King』をベースにした替え歌で、いわばセルフカバーでもある。PV全編を通してワンカットで撮影する手法もまた、しゅかしゅん版『Kill the King』のPVをパロディ化したものとなっている。




 内容は、日本が誇る文化の銭湯・公衆浴場の素晴らしさを称えるもの。歌詞は全編がオリジナルで、原曲のフレーズ「Fly like the wind」をもじり、「風呂 like the wind」とシャウトするシーンは必見だ。もちろん、風呂の風の字をwindに掛けているのは言うまでもない。

 舞台となるのは大阪市平野区にある入船温泉で、入口から番台を通って禁断の女湯に潜入。女性グループのしゅかしゅんゆえ女湯に入るのは当然なのだが、男性ファンならやはりドキマギしてしまうところだろう。
 

女湯の浴室内でプロデューサーで映像監督のSOEZIMAX氏から演技の指示を受けるメンバーたち。ワンカット撮影ゆえ打ち合わせは入念に行なわれる。

 入浴シーンなどのお色気カットは残念ながら皆無だが、それぞれがラフなTシャツ姿で、まるで彼女たちが本当に銭湯を訪れたかのように見えるのはちょっとしたドキドキ要素かも。作中では普段は見られないボイラー室にも潜入するなど、銭湯マニアにも楽しめる作りになっている。

 間奏では、オリジナル版にも登場するギタリストの“小西さん”が登場し、リッチー・ブラックモア顔負けの華麗なソロを披露しているので、ギターキッズも必見だ。その背後でミラーボールを手持ちで回すメンバーにも注目したい。
 

小西さんがギターソロを弾く横でミラーボールを回す恵園、茉奈、由奈。このシーンを観るとミラーボールが普段、いかにゆっくり回っているのかがわかる。

 終盤ではとあるメンバーが体重計に乗るシーンがあるが、肝心の体重は未公開。次はぜひその辺の情報も公開してもらいたいものである。

 ともかくこの手のパロディPVは、やりきることが大事。その点、大阪ネイティブのしゅかしゅんは抜群の表現力で、銭湯の素晴らしさを表現しきってくれている。
 

番台前のロビーでの撮影。番台に黒いステージ用照明が置かれているのが見えるだろうか。

撮影画像を入念にチェックするSOEZIMAX監督。納得がいかなければ全編を撮りなおすことになる。カット割りなど言語道断だ。

 そんなしゅかしゅんは10月18日に、大阪の江坂MUSEにてワンマンライブ「イチハチ」を開催。8月8日に東京の渋谷クアトロで開催した「ハチハチ」で伝説的なライブパフォーマンスを展開した彼女たちが、今度は地元の大阪で次なる伝説の第一章を開く構えだ。

 先日にはフジヤマプロジェクトジャパンからの全国流通ミニアルバムリリースも決まり、一段も二段も上のステージを目指し始めた大阪☆春夏秋冬。渾身のライブに加え、このパロディPVに代表される独自色も打ち出していくことで、アイドル界に大輪の花を咲かせてくれそうだ。
 

作品中では手に持ったボードをタイミングよく見せていく必要があり、こんなところにも音楽センスが顕われるのだ。

【大阪☆春夏秋冬 ワンマンライブ情報】

タイトル:OSAKA ONEMAN LIVE「イチハチ」
日時:2015年10月18日(日) open 17:00 start 17:30
前物販:15:00~16:30 ※終演後も物販あり
場所:大阪・江坂 ESAKA MUSE
料金:前売り3000円/当日3500円、別途1ドリンク
備考:女性限定で1ドリンクプレゼント 



『風呂・ザ・キング』の元ネタとなる、大阪☆春夏秋冬の『Kill the King』はこちら!


■大阪☆春夏秋冬 オフィシャルサイト
http://syukasyun.com/
 

大阪☆春夏秋冬とSOEZIMAX監督、ギターの小西さん、入船温泉のご主人と。多くの協力者に恵まれているのもしゅかしゅんメンバーの人柄の賜物だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 大阪☆春夏秋冬