インタビュー

エンタメNEXT「2015年度 トーク委員長・白井沙樹が語る〝さくら学院〟」インタビュー

2015年10月29日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この夏はTOKYO IDOL FESTIVAL 2015、@JAM EXPO 2015などのビッグフェスを無事に乗り越えて、実りある秋を迎えた2015年度さくら学院。先日9月27日に行われた、東京・渋谷 TSUTAYA O-EASTでのワンマンライブも満員御礼! 会場内を埋め尽くす父兄たちを感動の渦に巻き込み、大成功のうちに幕を下ろした。

 そこでエンタメNEXTでは、2015年度への熱い想いを語った5代目生徒会長・磯野莉音の1万字超えロングインタビューに続き、先日のワンマンライブをプロデュースした3代目トーク委員長・白井沙樹に『2015年度 トーク委員長・白井沙樹が語る”さくら学院”』と題した、1万5000字オーバーの超ロングインタビューを決行!(取材はワンマンライブ直後の10月4日)

 ライブの話はもちろん、さくら学院への熱い想い、トーク委員長としてやるべきコト、さらに自身の結婚観(!)まで、読者の父兄諸氏のために情報は余すことなく掲載。では、どうぞ皆様ご覧下さい!

白井沙樹
しらい・さき
2000.9.28生まれ(中等部3年)
新潟県出身

——まずは9月27日に行われた、東京・渋谷 TSUTAYA O-EASTでのワンマンライブも大成功とのことで、お疲れさまでした! もうキャパ1300人の会場内も相当パンパンでしたね。

白井沙樹(以下・白井) ありがとうございます!

——9月公演の夜の部は、白井さんの誕生日をサプライズでお祝いするということで、もはや父兄にはお馴染みとなっていますが(笑)、今回は誕生日の前日になりました。

白井  でも、合わせているワケではないんです! たまたま土曜日になってラッキーでした♪

——ワンマンは5月の転入式以来5ヶ月ぶりでしたが、いかがでしたか? この夏に参戦した@JAM EXPO 2015やTOKYO IDOL FESTIVAL 2015のようなフェスとは、オーディエンスの顔ぶれもノリも違うハズですし、パフォーマンスをしている側としての感覚もやっぱり変わってきますよね?

白井 そうですね。ワンマンの場合は、さくら学院のコトを好きで観に来てくれている父兄さんがほとんど全員なので、そこはやっぱりアットホームな感じがします。声援も近いし大きいし、それってワンマンならではの良いところだなって思います♡

——そういえば、ライブMCで「お客さんの顔ぶれが変わった」という話しをされていましたよね。

白井 やっぱり(水野)由結ちゃんや(菊地)最愛ちゃんたち、昨年の中3メンバーが卒業したコトで、最前列にいた当時の中三推し父兄さんたちが、真ん中ら辺に下がっていたとか、よく前列で見ていた顔がちょっと後ろに下がっているなぁ~とか……でも、ライブに来てくれている父兄さんたちは、推しが卒業しても見捨てずにずっと好きでいてくれていると思うので、ありがたいです!

——やっぱり、ステージから見ていても「何か変わったな~」って気付くものなんですね。

白井 そうですね~、昨年度に比べると、6人の在校生に6人の転入生が加わって12人の新体制となったし、だいぶ変わったなって気がしています。

——どうですか? さくら学院のメンバーとしてはもちろんですが、現役ガチ父兄としては、そういうのって寂しいな~とは思ったりもしますか?

白井 あ~、でも沙樹は在宅父兄だったので、CDを聴いたりDVDを観たり、お家でも全然応援できるって知っていますし、今はLoGiRLもありますからね! たまにはライブや公開授業も観に来て欲しいとは思いはしますが“陰ながら応援してもらえる”っていうのも嬉しいです♪ それに、父兄なら、もし推しが卒業しちゃったとしても、さくら学院が好きなのは変わらないハズですし、やっぱりさくら学院の良さってソコなので。

——ですね! 父兄としては、陰ながら応援するっていうのがある意味正しい姿ですもんね(笑)。では、ここらで先程ちょっと触れた先日のワンマンライブについて聞いていきましょう。まずは昼の部『さくら学院2015 ~放課後 ナンバーマジック~』から、当日の感想などを教えて下さい。

白井 今年度2度目のワンマンライブであり、転入生にとっては初のライブハウスで、しかもスタンディングだったんですが、父兄さんたちの盛り上がりがとにかくスゴくて、なんか「こっちも負けてられない!」って気分になりました。

——スタンディングだと、客席から伝わってくる盛り上がりも全然違いますよね。

白井  そうですね、本当に全然違います!

——ライブ本編がスタートすると、まずは『ベリシュビッッ』『チャイム』『School days』と初期の3曲を連続で歌いましたが、転入生も加わったからか実にフレッシュな感じで。歌声はもちろん、パフォーマンス面で“2015年度らしさ”を挙げるとしたらドコ?

白井 沙樹が転入してきた2013年度はパフォーマンスも結構パワフルな感じで、中3メンバーが下級生たちを引っ張ってくれていたイメージ。ですが、昨年度は10人で人数が少なかったコトもあって、沙樹的には“いかにパフォーマンスをキレイに見せるか”というのがポイントだったんですね。それが今年度は転入生が6人も入ってきたのもあって、やっぱり今まで以上に元気なんですよね(笑)。歌っている時、踊っている時の表情や動きの“元気の良さ”に関していえば、今年度が一番なんじゃないかな!? って思える位よかったです!

——確かにフレッシュ感は相当感じられましたね! しかし、メンバーの身長も年齢も芸歴もバラバラとなると、各々の仕上がりの差というのがどうしても出てきちゃうと思います。そこで白井さんから見て、「この子は成長が著しい!」っていうメンバーがいたら教えて下さい。

白井 転入生は全員、ダンスにしても歌にしても、伸びしろがスゴイですね! 転入したての頃は、私たち在校生メンバーが6人全員をしっかり見てあげるっていうのが難しかったんですが、そんな中でも転入生それぞれが努力して、夏の間に見違えるほど成長できたのが、さくら学院全体にとってもスゴく大きなプラスになっているのだと、今回のライブでは強く感じました。

——今年度は転入生の存在がキーポイントですね。どうですか、今年の夏も例年続いているTIF前後の衝突やぶつかり合いはあったんですか?

白井 今年度はTIFや@JAM EXPO 2015の前に話し合いもしました。

——具体的には何があったんですか? 言える範囲で構わないので。

白井 やっぱりTIF前はメンバー同士も仲良くなってきている上に、レッスンや練習で毎日一緒にいるっていうのもあって……ちょっとした瞬間に相手のイヤだなって部分も見えてくるじゃないですか? それが色々と重なって……。ソコでみんな泣きながら話し合いもしました。誤解していた部分も解けたし、もっと絆が深まった感じがしました!

——ずっと一緒にいると、仲がイイとはいえ、時に喧嘩しちゃうコトもありますよね。

白井  やっぱり小学生メンバーも多いし、私たち中学生にも色々ありますからね。勉強とか、やらなくちゃいけないコトも増えるし。

——ハハハ(笑)。みんなリアル学校生活にプライベート、さくら学院の活動とキャパオーバーになる位に大忙しですもんね。では、またライブに話を戻します。日髙(麻鈴)さんが流暢な発音で曲振りをした『Song for smiling』は久しぶりの披露とのコトでしたが?

白井 ちゃおフェスではショートVer.だったので、フルVer.での披露は今年度初でしたね。盛り上がるっていうのもあるし、スーちゃん(中元すず香)の代の曲なので、なんか“スーちゃんが引っ張る船に乗ったみんな”ってイメージで、メンバー全員の一体感を楽しんでもらえる曲かなって思います。

——今年度はもちろん、その船を引っ張ったのが磯野(莉音)さんですね。で……からの『FRIENDS』。これは結構早いタイミングでの投入でしたよね。

白井  そこは私も思いましたけど、こういう流れも面白いのかなって感じました。ライブの最後の方で披露するとシットリした感じになるんですが、実は曲調的には明るいので、今年度らしく“明るいさくら学院”を、この曲順にすることで出せたんじゃないかなって。

——セトリが変わると曲の印象も変わるってことですよね。その後は、フラッグ曲の『Hello ! IVY』でフロアをピンク一色に染めてからの新曲『マセマティカ!』。ここではイントロ部分のレーザーを使った演出に父兄も沸いていました!

白井 初めてレーザーも使っちゃいました♡

——アレはカッコ良かったですね!

白井  カッコイイですよね~。ベビメタのライブとかで使っているのを見て、以前から憧れてたんですよ~。

——ライブ途中でのああいった演出って普段は入らないけど、今回は新曲だからですか?

白井 今回は早着替えがあったので! さくら学院は、ほとんど楽曲ごとの着替えがないので珍しいですよね。

——あっても部活動ユニットぐらいですもんね。

白井 部活動ユニットだと、ステージに出ない子たちがMCをして繋げるんですけど、今回は全員が着替えるってコトで初の試みとなる早着替えに挑戦して、見事に成功! ……いや、成功してないか(苦笑)。

——確かに約1名、ギリギリな方(磯野莉音のマセマティカ衣装のスカートが、早着替え時に壊れるハプニングが!)がいらっしゃいました(笑)。O-EAST×磯野莉音=ハプニングのジンクス再びでしたね。その『マセマティカ!』の衣装ですが、職員室の先生からは「もう二度とライブでは着るコトがない」と聞いています。

白井 (本当に残念そうに)そうなんですよ~。

——今回が最後ってコトですかね、何とももったいない!

白井 もっと着たかった!

——とはいえ、シレッと来年以降も使ったりするんじゃないですか?

白井 でも、それぞれの背番号があるので……逆に2015年度限定にしといた方が伝説になるんじゃないかなと。

——成長期限定ユニットならではの身長順ですもんね。ということは、この衣装もゆくゆくは“しーちゃんコレクション”に加わる可能性大ですね。バレないように倉庫からコッソリもらっちゃいましょう!(笑)。そういえば、ライブではPVと靴下が違いましたね。スニーカーと色も合っていたし、アレはアレで良かったです!

白井 さすがに、さくらの制服にあのカラフルな靴下は……(苦笑)。あのローファーからスニーカーに履き替えるというのも、ライブの前々日ぐらいに決まったんですよ

——へ~、結構ギリギリのタイミングで演出が決まるんですね。

白井 前々日ぐらいに通しでリハーサルをやってみた結果、スタッフさんたちが話し合って変わったりするコトは、よくありますね。

——もちろん尺の都合もありますしね。で、次の曲が『マセマティカ!』からの背の順繫がりで『負けるな!青春ヒザコゾウ』。あの2人ずつ組みになっての振り付けがイイですよね♪

白井 いいですよね~!

——あの誰と誰っていう組み合わせは、変えたりはしないんですか?

白井 基本は新年度の最初に振り付けをした時のままなので、転入式から卒業式まで変わりませんね。

——そうなると、岡崎(百々子)さん麻生(真彩)さんのように、急激に身長が伸びてきて背の高い子同士の組み合わせになっちゃったりもあるってコトですよね?

白井 そういった部分も、各メンバーの成長が感じられてイイんじゃないかなって思います。

——確かに、そこは見ていて楽しいポイント! で、ラストは『Hana*Hana』で本編終了。アンコール前に購買部の『ピース de Check!』というのはお馴染みです。購買部で常々、思っていたんですが、あの「~ランダム封入」のくだりで、吉田(爽葉香)さんの「じゃあ、返してー!」の後に、白井さんが「えっ、じゃあ、私もらっちゃいま~す!!」と言うまでの独特の間があるじゃないですか? あの時、父兄のみなさんはどうしているんでしょうか? ステージを左右に移動する時間が必要とはいえ、かなり間が空くなと。

白井 (確かに! という顔で)あ~! じゃあ、なんか言おうかな~。

——ダチョウ倶楽部さんの“どうぞ、どうぞ”のギャグよろしく、父兄が「じゃあ俺が!!」「いやいや俺が!」ときてからの、白井さんが「えっ、じゃあ、私もらっちゃいま~す!!」みたいな掛け合いがあると、父兄とのコール&レスポンスも出来て、さらに盛り上がりそうですよね。

白井 ソレ覚えておきます! 改善します!

——とはいえ、その吉田さんとの独特な間の掛け合いも、こうホッコリした気分にさせられますので現状維持でも正解なのかも(笑)。あと購買部でもう1つ! 白井さんがずっと提案し続けているフラッグケースは、一向に商品化されませんが……。

白井 そうなんですよー!(ちょっとオコ)。もうずっと職員室の先生には「フラッグケースは来年作るから!」って言われ続けているけど、(悲痛な表情で)全然作ってくれないんです……。元々、そういうケースって存在しないんですか?

——でも、ありそうですけどね。例えばドラムのスティックケースをベースにするとかして…ぜひ白井さんの卒業までに実現を!(笑)。で、またライブに話しを戻しますが、アンコールのラストは『君に届け』でしたよね。あそこで「父兄さんへの感謝を込めて」という曲振りで、歌われちゃったら、そりゃ父兄全員が涙腺崩壊ですよ!

白井  (目を輝かせながら)ですよね! あそこで『君に届け』を持ってこられたら、ちょっとヤラれちゃいますよね~。

——というワケで、ここまでが昼の部ですね。この昼夜2公演は2年振りとなる“しーちゃんプレゼンツ”というコトでしたが、昨年度のプロデュース委員長 水野(由結)さんのように、セトリも白井さん発案なんですか?

白井 それが、(無念そうに)全然意見が通らなかったんですよ~。演りたい曲が多すぎて、まとめるのが難しいって……(苦笑)。ホントは“賢くなれるシリーズ”でまとめたいって色々考えていたんですが、それなら『Planet Episode 008』も『アニマリズム』もやんなきゃいけないし! みたいになっちゃって。

——『WONDERFUL JOURNEY』に『さくら百人一首』もですよね

白井  そうなんです……(目を輝かせながら)父兄としては百人一首も聴きたいですよね~♪ でも今のメンバーだと踊れる人が1人しかいないんですよ(ションボリ)。

——あらあら、それは根本的に難しい問題ですね。

白井 (寂しそうに)ですよね……。

——昼の部のタイトルに入っていた“~放課後 ナンバーマジック~”は、どこら辺がナンバーマジックだったんですか?

白井  ライブで『マセマティカ!』衣装を着るっていうサプライズと、例の背番号ですね。

——ああ~結構ストレートな感じだったんですね、なるほど!

白井 昼と夜、それぞれの公演のポイントを作る時に「じゃあ何にしようか?」って話を先生としていて「『マセマティカ!』の衣装をもう一回着たい!」って言ったら実現できました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院