イベント

「みんなで売りましょう」タワレコ社長が武藤彩未を大絶賛!

2015年11月02日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 タワーレコード株式会社代表取締役社長である嶺脇育夫氏、そして音楽ライター南波一海氏をゲストに迎えのトークイベント。この3人でのトークは2月に発売したアルバム『I-POP』のイベント以来だ。

街はハロウィン一色だったが、この日の武藤はシックなブラウスで登場。instagram上に猫耳コスプレを披露しているので、ファンはチェックしよう

 本作品は2015年4月29日に開催されたバースデーライブ『BIRTH』の様子を収録。近年、ライブアルバム盤をリリースするアイドルがめっきり減ってしまったと嘆く嶺脇社長は「70年代~80年代のアイドルはみんなライブ盤を出していたんですよ。キャンディーズもラストライブで高価格盤出していたし、西城秀樹も、アグネス・チャンも。彩未ちゃんはそういうことも考えてリリースしたのかな、なんて妄想しながらこのCDを聴いていました」と話した。それに対し武藤は「初めて知りました! 私は80年代のアイドルが大好きですけど、そこへの憧れというよりは、ずっと音に拘って生歌・生バンドでやってきた象徴としてのライブアルバムです」とコメント。これには南波氏も「彩未ちゃんのあの日のライブ、爆音だったよね!」と返す。

 映像リリースではないことを嘆く声を受けると、嶺脇社長がおもむろにアスマート(※武藤の所属事務所直販サイト)限定盤を掲げる。アスマート限定盤は特典としてライブ映像DVDが付属しているのだが、もちろんタワーレコードでは販売していない。「ウチじゃ売ってないけど、今スマホで買えばいいんですよ! 何も特典つかないけど……僕と握手します?」と告知。その他にも「CD売れないんだからさ、タワーとかHMVとか新星堂とか言ってる場合じゃない。みんなで(武藤彩未を)売りましょうよ!」「僕もさくら学院がよくららぽーと豊洲でイベントやるんで、行きますよ。でもあそこはHMVさんが入ってるでしょ、(※イベント参加のためにHMVでCDを買うシステム)少し気まずいんですけど買います」と嶺脇節を炸裂させた。(後編に続く)

「アイドル界は武藤彩未がバラードで制す! タワレコ社長も応援体制」

text/achico
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 武藤彩未