ライブレポ

5周年へ想いを繋ぐ最高のライブに さくら学院祭2日目夜ライブレポート

2015年11月05日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「さくら学院祭☆2015」夜の部ライヴレポート@赤坂ACTシアター 2015.NOV.01


 昼公演を終え、3時間あまりのインターバルを挟んでいよいよさくら学院祭最後の公演、日曜日の夜公演が始まる。


12人で史上最高の「ありがとう」を届ける! さくら学院祭1日目ライブレポート

父兄待望の科学部が新たなメンバーで復活! さくら学院祭2日目昼ライブレポート
 

  商業施設が建ち並ぶ赤坂サカス地域。昼のライヴの後、食事をしたり近隣の施設でハロウィン関連・アイドル関連のイベントで思い思いの時間を過ごした父兄たちが夕闇の赤坂ACTシアターに再び吸い込まれていく。サクラデミー女優賞、残った4名はどんな演技を見せてくれるのか。前2公演とセットリストはどう変わるのか。サプライズは? 興味は尽きない。

 18時1分、チャイムが鳴り担任の森ハヤシ先生が登場。1曲目はやはり『目指せ! スーパーレディー -2015年度-』だ。客席の父兄たちの手拍子に乗り、それぞれの個性をアピールする生徒たち。歌詞の変更が多かった今年度の同曲、この曲を聞けば生徒たちのキャラは一通り把握できそうだ。圧巻は最後の麻生真彩。3度目の今回もけん玉の技を完璧に披露。本番に強い面を見せてくれた。

  2曲目はこの学院祭で初披露となる『負けるな! 青春ヒザコゾウ』。成長期の彼女たちが、その成長具合をお互い比べて焦ったり励みにしたり。その悲喜こもごもを明るく前向きに歌う生徒たちの姿が眩しい。点呼を取ったり、回れ右をしたりときびきび動く爽やかな姿にこちらも若々しい気分になっていく。

  続く『ベリシュビッッ』も今学院祭初披露。多くの父兄にとって、小中学生時代の甘酸っぱい思い出の1つ・フォークダンス。オクラホマミキサーのメロディで始まる同曲は、そんな思春期の忘れかけた思い出を鮮やかに蘇らしてくれる。それも300%増しくらいの美しさで。

 曲が終わり、一度ステージから退いた生徒たちが、イスを持って暗転したステージに戻ってくる。森先生も再登場。どうやらホームルームが始まるようだ。席に着いている生徒は磯野莉音、大賀咲希、白井沙樹、倉島颯良、山出愛子、岡田愛の6名。転入生6名は姿が見えない。今回のホームルームの趣旨は、在校生が転入生にキャッチフレーズをつけてあげよう、ということ。

 白井は、過去のデータを見ると生徒の名前を使ったキャッチフレーズが多いと説明。例えば前生徒会長の菊地最愛は「最も愛を大切に!」。すかさず「大切に!」と一緒に叫ぶ父兄たち。森先生は「俺のパクリ。最も妻を大切に!」とやって笑わせる。この名前を入れるパターンで転入生にキャッチフレーズを付けてみることに。いつの間にか上手の暗い部分にスタンバイしていた吉田爽葉香、スポットライトが当たると「爽やかな葉っぱの香りをさせたい、吉田爽葉香です!」とやって拍手をもらう。「あんまり葉っぱの香りさせたくないだろ」とツッコむ森先生。

 倉島は同パターンで他にも出来るとこの人を呼び込む。「美しく濡れた奈良県のようになりたい、黒澤美澪奈です」。これには大爆笑が起きるが、森先生は「奈良県て何だよ。それに澪と濡れるは違うから」とツッコみ。倉島は「細かいことはサラッとかわす倉島颯良です」と切り返して笑わせた。

  次は杉﨑寧々の「平和が一番!笑顔が一番!」になぞらえて「平和が百番!笑顔が百番!学校の成績も百番目、岡崎百々子です」。森先生は「平和や笑顔が百番ってどうなんだ」と難色を示す。次にキャッチフレーズはキャッチーじゃなければいけないということで藤平華乃は「ちっちゃいからって舐めないで?ソレ藤平藤平!」と謎の節回しで客席を困惑させる。

 そして松井愛莉に憧れる吉田のキャッチフレーズは……何か文字の書いてある半紙を掲げ、上下に引っ張って破る吉田。これは以前松井が勝訴と書いた半紙を破ってしまったネタをオマージュしたのだが、古すぎて知らない父兄も多いのか、微妙な反応に終わる(笑)。

  岡田は「日髙麻鈴ちゃんは人の目をジーッと見て話すので、こんな自己紹介で」。日髙は客席の方をジーッと見つめながら「私は今、皆さんの心に直接話しかけています。日髙麻鈴です」、よく見ると口が動いてなく、音声だけが聞こえている。「テレパシーか?」という驚きの自己紹介で笑わせた。「めちゃくちゃじゃん!」とダメ出しする森先生に岡田はテレパシーで「森先生のツッコミ超暑苦しい!」と返して拍手を浴びた。「テレパシー学院怖いわ!」と森先生。

  大賀は麻生真彩がけん玉を成功させるなどプレッシャーに強いところを……と説明するが、上手の暗闇でスタッフが小さなテーブルやテーブルクロスを用意しているのが見えてしまった客席は苦笑い。麻生のキャッチフレーズは、テーブルクロス引きを成功させたら名前を言えるというリスキーなモノ(笑)。案の定麻生はテーブルの上の花ビンやカップを落としてしまい、名前を言えずに下がっていく(笑)。

 麻生にはまた別のパターンでチャレンジさせようとするが、またも上手での準備が見えてしまって観客は苦笑。麻生がチャレンジするのは真剣白刃取り。黒澤が振り下ろす竹刀を受け止めれば成功だ。「せいやっ!」と気合いを入れて麻生の頭上に竹刀を打ち込む黒澤。しかし麻生の手の動きは完全に遅れ、もろに頭に竹刀を受けてしまう。さらにはだいぶ遅れてから「痛い!」と麻生。この鈍くささに父兄たちは爆笑だ。大賀は「事故ですね、自己紹介だけに」とまとめてコントは終了した(笑)。

  ここでスクリーンに上半期のまとめ映像が流れ、続いては部活動ユニットの登場だ。まずはクッキング部 ミニパティの『ミラクル♪パティフル♪ハンバーガー』。TOKYO IDOL FESTIVALのステージでも披露されたが、歌・ダンスともパフォーマンスは驚くほど上がっている。特に最年少の日髙の上達振りは目立った。岡崎も終始笑顔で客席に目線を配りながら、難易度の高いステップを難なくこなす。山出の歌唱力も安定。ミニパティは今後の展開も楽しみだ。早く新メニューが見たい。

  続いては昼の部で復活して場内を沸かせた科学部 科学究明機構ロヂカ?:Ver1.2の登場に場内は大拍手、大歓声だ。科学部がどれだけ待ち望まれていたかがわかる。スクリーンに映し出された「RiNon」「SaRA」「Mg3」の文字がクールだ。曲は『サイエンスガール ▽ サイレンスボーイ』。理系女子と草食男子の恋を元素記号や化学式を使って表現した名曲。背の高い磯野、倉島、岡田には白衣もよく似合っている。ようやく初めての部活が決まった喜びに満ちた表情の岡田が印象的だ。


次ページは、サクラデミー女優賞・中3制覇なるか!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院