トピックス

AKB48高橋みなみ、秋元康氏に対して“激おこぷんぷん丸”

2013年12月27日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 AKB48 がメインパーソナリティーを務めるニッポン放送の24時間番組「第39回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」が12月25日正午に終了し、AKB48グループ総監督の高橋みなみらが東京・有楽町の同局で“完走会見”を行なった。

 同番組は、目の不自由な方のための「音の出る信号機」を設置する基金を募ることを目的とした番組で、今年で39回目となる。

(c)AKS

 同番組は、目の不自由な方のための「音の出る信号機」を設置する基金を募ることを目的とした番組で、今年で39回目となる。

 生放送が終了したこの日の正午の時点で、募金総額は5237万2575円となった(募金は来年1月31日まで受付)。

 24時間にわたって募金を呼び掛けた高橋は、「声はすべての架け橋になると思いました。日本の底力を見ました」と感激しきり。

(c)AKS

 フィナーレでは「AKB48」のメンバー10人が、筑波大付属視覚特別支援学校の児童27人とともに「恋するフォーチュンクッキー」を合唱。歌唱前には、生徒からの感謝の手紙にメンバーたちが涙ぐむ場面もあった。

 そんな中、高橋は24日の深夜に出演した総合プロデューサーの秋元康氏に触れ、「秋元先生のテンションが高くて、私の寝る時間が減りました」と暴露。

 秋元氏はチャリティ番組内で“激おこぷんぷん丸”をテーマにトークを展開したが、思いのほか話が弾んだことで高橋の休憩入りが遅れたそうで、「2時間くらい眠れるはずだったのに1時間半も寝ていません。私が秋元さんに“激おこぷんぷん丸”ですよ」と話して笑わせた。

オープニングゲストには、日本一に輝いた楽天イーグルスの田中将大投手が登場。高橋の巧みな誘導で、愛妻・里田まいの話題が弾んだ (c)AKS

■第39回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン - ニッポン放送
http://www.1242.com/musicthon2013/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: AKB48