インタビュー

Gカップ神谷えりな(仮面女子)が激白。 「11/23スーパーアリーナが不安で仕方がない!」

2015年11月17日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 最強地下アイドルの仮面女子が、2015年11月23日にさいたまスーパーアリーナ(以下、SSA)でワンマンライブを行う。地下アイドルがアリーナ級の会場で公演を行うのは前代未聞。業界内では「無謀!」との声も飛び交っている。そこでメンバーのひとりである神谷えりなちゃん(Gカップ)に今の気持ちを語ってもらった。仮面の内にある心境やいかに!?

※『仮面女子カレンダー2016』より。撮影/魚住誠一

——ついにSSA本番の日が近づいてきました。今の心境はどうですか?

「正直、不安でいっぱいです。いま仮面女子は秋葉原の仮面女子劇場P.A.R.M.S.で毎日ライブをやっていて、それ以外にも外部のライブに対バンで出させていただいています。それと、ありがたいことにテレビやラジオや雑誌のお仕事もたくさんやらせていただいているので、正直、SSAの練習をしっかりやる時間がないんですよ……」

——それ、マズイじゃないすか!

「もちろん、メンバー個々にとか、ユニットごとにとかは練習しているし、ミーティングも重ねているんですが、先の仕事や学業がある子もいるので、フルメンバーでの練習がなかなかやれないんです。逆にフルで揃ったときは5~6時間とかぶっ通しで練習しています。疲れもお腹が空いてることも忘れちゃうくらいです」

——これは聞いていいのかどうかわかりませんが、チケットの売れ行きは?

「悪くはないみたいですが、でも、どこまでファンの方が会場に来てくれるのかが不安で不安で……。私たちが毎日ライブをしている仮面女子劇場P.A.R.M.S.のキャパは400人。今までやった一番広い会場はZeppTokyoの2500人でした。でもSSAは最大で2万5000人とかじゃないですか。私たちのためにそんなに人が集まってくれるのかどうかっていうのが、全然想像できなくて。実はこの夏から秋にかけて仮面女子の全国ツアーをやらせていただいたんです。そこで『はじめてライブを見ました』『はじめて仮面女子を知りました』という方々が多かったことに気づいて、私たちを知っている人って思った以上に少ないことを実感したんです。目標とする『国民的地下アイドル』にはまだまだ遠いし、もっともっと上を上を目指さないとなって思ってます……」

——SSAは事務所さんとしても大英断だったでしょうね。何せSSAでワンマンを行ったアイドルといえば、AKB48、ももいろクローバーZクラスなわけですし。

「私たちは元々、小さいライブハウスでライブをやっていたんです。私が入った4年前の時点ではお客さんがゼロなんていう日もあったし、『なんだ、アイツら?』って冷たい目で見られたこともたくさんありました。だからSSAでやれるというのは不安な反面、すごくうれしいことなんです。AKBさんやももクロさんのSSAの映像を見てると、すごいじゃないですか。あれと同じ場所に立てるんだって思うと、すごくテンションが上がります! そんな私たちを知ってか、ファンの方々もすごく気合を入れてくれていて、『仮面女子のSSAに一緒に行こう!』ってお友達を誘ってくれている方もたくさんいるみたいなんです。メンバーだけじゃなくて、ファンの方々と一緒にSSAを作ってるんだ、というのをすごく感じます。ありがたい環境にいるんだなって思います。本当に」

※『神谷えりな 2016年カレンダー』より。撮影/立花裕介

  • 1660_ext_08_0.jpg
  • 1660_ext_08_1.jpg
  • 1660_ext_08_2.jpg
  • 1660_ext_08_3.jpg
  • 1660_ext_08_4.jpg
  • 1660_ext_08_5.jpg
  • 1660_ext_08_6.jpg
  • 1660_ext_08_7.jpg
  • 1660_ext_08_8.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 仮面女子 

          

関連ニュース

インタビューの関連ニュース