連載/特集

日本の運動会と90’sパラパラの良質ミックス! ぷちぱすぽ☆『サムライガール』 マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2015年11月28日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 前回も話したとおり、ここ最近登場したアイドルって『クール・ジャパン』を狙ったものが妙に多い。このぷちぱすぽ☆もそのひとつと言えるんじゃないかな?

ぷちぱすぽ☆『サムライガール』

#58_ぷちぱすぽ☆『サムライガール』

 ぷちぱすぽ☆は、あのPASSPO☆がプロデュースする5人組の妹分ユニット。コンセプトは「2020年の東京五輪に向けて結成されたスポーツ応援集団」だそうで、実際、様々なスポーツの応援コールやリズムを入れた楽曲を発表していくみたいだね。実際、デビューシングルとなるこの『サムライガール』も、完全にそれ系!

  いきなり冒頭から日本の運動会の徒競走の際に流されるクラシックの曲『クシコス・ポスト』(ドイツの作曲家、ヘルマン・ネッケの作)がうまく引用されている。この連載のスタッフたちは「聴いているだけで小学校の体育祭を思い出して、反射的にカラダが動いちゃいます!」なんて言ってるよ(笑)。

 そしてサウンド自体も面白くて、90年代のエイベックス系のパラパラっぽいシンセサイザーが満載なんです。ジュリアナ東京の楽曲に使われていた『フォーッ!』『レッツゴー!』なんてボイスサンプリング音源もたくさん使われている。ボクがJ-POPにハマりはじめたころのサウンドに近いので、ものすごく懐かしい気分になるね~。これはクリエイターの人が彼女たちのファンやユーザー層を考えての戦略だろうね。

  で、サビがこれまた興味深い。だって、歌詞が「ニッポン!ニッポン!」「ジャパン!ジャパン!」なんだよ。これは海外の日本語ビギナーでもすぐに覚えられちゃうし、すぐに歌えちゃう。このあたりはかなり東京オリンピック&クール・ジャパンを意識した作りになっているね。

  ちなみにボクも東京オリンピックに関してはいろいろ考えてるんだ。フィギュアスケート用の曲を作ってみたいんですよ。羽生結弦選手がゲイリー・ムーア(英国の名ギタリスト)の『パリの散歩道』を使って演技したじゃない? あれみたいな感じでさ。

  えっ? フィギュアスケートって冬季五輪競技だから、2020年はやらないの!? 夢が崩れた………。

(構成・文/尾谷幸憲  協力/バラン野島)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース