連載/特集

でんぱ組.incが普通のJ-POPを歌ったら……サイコーじゃん! マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2015年12月04日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 さて、今回はボクのお気に入りであるでんぱ組.incについてだよ~。

でんぱ組.inc『あした地球がこなごなになっても』

#60_でんぱ組.inc『あした地球がこなごなになっても』

 でんぱ組.incといえば、この連載の『でんぱ組.incに代表される「和メロディ」は世界に誇れる!』でも触れた、和風メロディ+アップテンポかつハイパーステロイド系なサウンドで知られているけど、今年の9月にリリースされた『あした地球がこなごなになっても』を聴いてビックリ。

 あのでんぱ組.incが、まったくフツーのJ-POPを歌ってるじゃん!!

 イントロのギターは80年代のイギリスのロックバンド“ポリス”の『見つめていたい』(原題『Every Breath You Take』)みたいだし、メロディはまったく和風じゃない。むしろ、2000~2010年代のJ-POP王道ヒット曲みたいに聴こえてくる。メロディ的にいえば、SMAPが歌っていてもおかしくないかもね。

 おまけに歌詞もすごくリリカルで、まっすぐでか弱い女の子の気持ちを歌ったラブソングになっている。まるでYUIちゃんみたいな女性シンガーソングライターの曲みたいに聴こえてくるよね。これは、もしかしたら作詞を担当した漫画家・浅野いにおさん(青春漫画の名作『ソラニン』などで有名)の歌詞が先に出来て、それに引っ張られる形でメロディ/サウンドが出来上がったのかもしれないね。

 でんぱ組.incのメンバーたちにとっては、こういう普通のJ-POPに挑戦すること自体が大きなチャレンジだったんじゃないかな?

  でもこのチャレンジ、ボクは大成功だと思います。全然OKです! それはなぜかって? その理由をこれから説明するね。

 先にも書いたとおり、でんぱ組.incの曲って超テンションの高い電波系ソング的なものが多いじゃん。でもこれだとアイドルファン以外のリスナー、特に女の子は聴きにくいかもしれない。実際、ボクはこの曲を聴いたのは9月のアメリカツアーを終えて日本に戻ったばかりのころで、聴いた瞬間、ホッとしたもの。「ああ、このサウンド、このメロディ、やっと日本に戻ってきた!」って。

 アメリカにいたときはラジオやお店から流れてくる曲のほとんどが向こうのヒット曲で、それが、まあ、こう言ったら失礼だけど、つまらない曲ばかりだったんですよ(汗)。なので、『あした地球がこなごなになっても』みたいな日本ならではの良質なポップスを聴くと「やっぱり日本サイコー!」って気分になるんです。

 この曲で、でんぱ組.incはより多くのファンを獲得できるかもしれない。いや、むしろそうなって欲しいな。

(構成・文/尾谷幸憲  協力/バラン野島)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース