インタビュー

まいぷるが涙を見せた理由は「泣くなよ酒井」―アイドリング!!! 卒業を決めた遠藤舞に聞く

2013年12月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 12月8日に中野サンプラザで開催されたナンバリングライブにて、自らの卒業を発表したアイドリング!!! 3号・遠藤舞。月刊エンタメでは連載『アイドリング!!! 反省会ング!!!』を通して遠藤の活躍をお伝えしてきたが、今回、本人に単独インタビューすることに成功。2月14日の卒業ライブを控えての現在の思いを聞いてみた。

12月8日の「13thライブ~史上最大!25人の大作戦グ!!! 晴れ、時々神~」が卒業発表の場となった。

――まず最初に、卒業を決めたのは、いつごろなんですか?

遠藤 結構前で……今年(2013年)の初めくらいだったと思うんですけど、かといって急に抜けるわけにもいかず、周囲のスタッフさんと話を進めていって、それで今回のタイミングでの発表ということになりました。卒業ライブも、当初はできないと思っていたんですけど、開いていただけることになりまして。

――2013年は7月31日発売のシングル『Today is The Day』でソロデビューもされています。

遠藤 ソロでの活動にシフトしていきたいというのもありまして。とくにグループのリーダーをしていると、よほどのことがない限りグループに帯同しないといけないですし、ソロ活動との両立は難しいんですよね(笑)。

――アイドリング!!!として最後に立つ舞台も、お台場(Zepp DiverCity TOKYO)になりました。

遠藤 そう! お台場でよかったなって思います。すぅちゃん(元11号・森田涼花)と同じステージですよね。自分のためにそのような場を設けていただけるのは嬉しいことです。卒業に向けて気持ちを作っていけるし、ファンのみなさんにもお伝えできているし、メンバーとも、「最後の時間を楽しんでいきましょう」みたいな心づもりで臨めるので。

――卒業を発表したライブでは、涙も見せていましたね。

遠藤 泣く予定はなかったんですけどね(笑)。みんなも言ってましたけど、最後じゃなくて、まだ3ヵ月以上あるじゃんって。リハーサルもするし、2日後(本インタビュー当日)だって番組収録で一緒じゃん、って(笑)。だから、涙は最後の日に取っておきたいと思ってたんですけど……。

 一番、来たのがさかっち(酒井瞳)の顔ですね。プライベートでも仲が良いし、仕事でも一緒だし、連絡を取らない日がないくらいなんですね。365日中、360日は関わってるというか(笑)。それを何年も続けてるから、近い存在になりすぎていて。だから、卒業したって、しょっちゅう会うじゃんって。なのに、ライブでああいう泣き方されちゃうとね。もらい泣きです。「泣くなよ酒井」って思いました(笑)。さかっちも、いざその時になったら抑えられなかったって。

「全米が泣いても泣かない」と評された遠藤が、卒業を発表した後は涙を見せながらのステージ。右上の酒井も目を真っ赤に泣き腫らしている

――それだけ仲が良いということは、卒業のことは伝えていたんですよね?

遠藤 そうですね。一番最初に伝えました。私が抜けた後、アイドリング!!!はどうするんだろうって話し合ったりもしてたんですよ。年齢的に、さかっちが次のリーダーになる可能性もあるし。私から指名するつもりはないですけど。ならなかったとしても、引っ張っていく存在ではあるので。居酒屋に行って、そんな話になって、結局、お酒を飲まずに語り合って帰ったこともあります(笑)。彼女も、真剣にアイドリング!!!のことを考えているので、安心して預けられます。

――さて、8年やってみて、遠藤さんにとってアイドルって何でした?

遠藤 何なんでしょうね(笑)。ただ、アイドリング!!!というのは自分の中で思っていたアイドル像とは全然違う展開でしたね。既成のアイドルの概念を覆し続けた8年(笑)。

13thライブでは卒業を発表した遠藤を騎馬で持ち上げるシーンが印象的だった

――今日の収録で、升野さんから受けた鼻フック、すごく長かったです。2日前に卒業を発表した人なのに(笑)。まるではなむけのように思えてきて。

遠藤 確かに、鼻フックは長かったです。そして、靴はそれなりに臭かった(笑)。そもそも、自分から積極的に入ってきた業界ではないので、当初はやらされ感が強かったですが(笑)、ファンのみなさんもいてくれて、次第に仲間もいてくれて、なかなか経験できないようなステキな状況だなぁって思えて楽しかったんですね。私の活動のスタートがアイドリング!!!でよかったなぁって思います。だから、これだけ続けられたのかも。メンバーもいい子たちだし、スタッフのみなさんもいい人たちばかりだったので、感謝ですね。

満面の笑顔で遠藤に鼻フックをしかけるバカリズム升野。信頼関係のなせるわざだ

■遠藤舞卒業ライブ
「さよならは別れの言葉じゃなくて 再び逢うまでの遠い約束ング!!!」
日時 2014年2月14日(金) 17:30開場/18:30開演
会場 Zepp DiverCity (TOKYO)
https://idoling.fujitv.co.jp/news/20131208001274
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: アイドリング!!! 

          

関連ニュース

インタビューの関連ニュース