ライブレポ

サプライズで卒業生が登場!念願の2ショットも さくら学院5周年ライブ2日目レポート

2015年12月11日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院「5th Anniversary LIVE~for you ~」2日目ライヴレポート 2015.DEC.06


 5周年公演2日目、横浜の天気は今日も晴れ。この時期の天候としては比較的温かい。そんな穏やかな空気とは裏腹に、心の中はざわついている。初日の公演を見た感触としては、まだ中間地点のような、続きがあるような予感がある。恐らく2日目の公演は初日とがらりと変えてくるに違いない。そんな期待を胸に、入場の列に吸い込まれていく。


歴史をなぞる内容に胸が熱くなる さくら学院5周年ライブ1日目レポート
 


 18時5分、始業のチャイムが鳴り公演がスタート。舞台中央奥にある扉から、1人の人影が現れる。担任の森ハヤシ先生だ。「おおっ!」と、どよめきと共に大きな拍手がわき起こる。「それでは出席を取ります!」森先生の発声とともに『目指せ! スーパーレディー -2015年度-』が開始される。上手から下手から、そして中央に仁王立ちする森先生の背後から生徒たちが現れる。生徒たちの特徴・アピールポイントを楽しく紹介する楽曲の今年度版。歌詞が大幅リニューアルされ、今の生徒たちにアップデートされた内容は、森先生の彼女たちへの大きな愛情が込められている。

 12人、それぞれ個性的で魅力的な子たちが集まったなと改めて感じる。岡崎百々子は正統派の美少女にも関わらす「トォーッ!」と素っ頓狂な奇声で笑わせてくれる。最後の見せ場、麻生真彩のけん玉は今日も完璧な出来映え。本番に強い!

 続く楽曲は『負けるな! 青春ヒザコゾウ』。生徒会長・磯野莉音の合図で「ハイッハイッ!」とコールしながら手拍子で盛り上がる会場。成長期の12人の生徒たちが背比べしあって喜んだりがっかりしたりする姿が微笑ましい。身長だけでなくすべてが着実に成長している彼女たちを、ゆっくりと見守っていきたいという気分にさせられる。

 ここで最初のMCは、まず自己紹介。今日は小芝居はなさそうだ(笑)。白井沙樹はタワーレコード渋谷店にて開催中の「さくら学院 5th Anniversary ミュージアム」に触れ、展示されている初代会長・武藤彩未の制服を職権乱用でお触りしたことを告白して笑いを呼んだ。山出愛子はタワーレコードカフェ表参道店で開催中のミニパティのコラボメニュー復活中をアピールした。

 次の曲は『Song for smiling』。ドラムが叩き出す軽快なリズムに自然と手拍子が起きる。英単語の部分の歌詞は日髙麻鈴の担当。クールな表情で流ちょうな発音をキメてかっこいい。続く『Hello! IVY』はさくら学院らしい清楚で明るく可愛らしいファッション・スクールライフをイメージした楽曲。ステージも客席も元気にフラッグを振り、さくら色の波がわき起こる。ここまで4曲、昨日とはセットリストも構成も全く変えてきている。今後の展開がますます楽しみだ。

 ここで昨日同様、ライブビューイングを行っている同じ建物内の大スタジオに中継をつなぐことに。白井はライブビューイングのオマケのクッションを持っているかを見たいとリクエストし、黒澤美澪奈はフラッグを持っているかどうかチェックしたいとお願い。結果、ほとんどの観客がクッションもフラッグも持っていて、生徒たちも大盛り上がりで喜んだ。

 次の曲は『スリープワンダー』。舞台2階部分も駆使した立体的なパフォーマンスが見どころ。12人が台詞をつないでいく部分も聞きどころだ。「幸せは何気ない日常の中にある」。そんな大切なことを幻想的で不思議な出来事を通して教えてくれる。少女たちの精神的な成長がわかる感動的な楽曲だ。続いてはグリーンのレーザーがサイバーな気分を高めてくれる『マセマティカ!』。倉島颯良と黒澤の中2コンビがクールに公式を唱える。

 場内が暗転し、手拍子の中で始まったのは昨日も披露した『Let's Dance』のダンスパフォーマンス。ダンサンブルなインストナンバーに乗って12人の生徒たちが椅子を駆使したダンスを披露する。一糸乱れぬ振り付けは圧巻。キレキレのダンスは出来ればライブで毎回披露して欲しいものだ。続いては『School days』のインストに乗せて「さくら学院5年間の歩み」の映像がスクリーンに映し出される。まだ幼かった初代のメンバーたちから始まり、今日までバトンを受け継いできた13人の卒業生と12人の在校生。皆がそれぞれの夢に向かって努力を続けてきた成果が、今日のこの大きな会場での、盛大な5周年ライブへと繋がってきたのだ。5年間常に我々父兄に元気をくれた彼女たちには感謝してもしきれない思いだ。

 メドレーは昨日同様、『ベリシュビッッ』から『ハートの地球』までの6曲ノンストップ。『WONDERFUL JOURNEY』では途中、倉島が藤平華乃を肩車する場面で、横にいる岡田愛がさりげなくサポートする姿が印象に残った。その肩車で倉島が藤平を降ろすとき、勢い余って藤平が顔から地面に着地したように見えて心配したが、当の藤平はけろっとした様子なので一安心(笑)。

 MCではやはりその点に触れられたが、藤平は「全然大丈夫だよ~」と脳天気に答えて笑いを誘った。次に話題は横浜の観光スポットについて。麻生は「みなとみらいの遊園地に行きたい。前回は自分と美澪奈だけ行けなかったので次は全員で行きたい」と言えば、磯野は「父兄さんも帰りにジェットコースターに乗れば、うちらの座った席に座れるかも」とやって爆笑された。大賀咲希は「場所はよくわからないけど、横浜家ってラーメン屋さんが美味しいので行ってみてください」とアピールしていた。


次ページは、今年度の新曲&初披露曲をパフォーマンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院