連載/特集

松田聖子『惑星になりたい』で聖子ちゃんは現代にアジャストしたね! マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

2015年12月25日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 さて、こちらは松田聖子さんの活動35周年記念の楽曲としてリリースされた、『惑星になりたい』。えー、この連載で聖子ちゃん紹介するなんてちょっと無理がないですか? と担当さんに言ったら、「いいから聴いてください!」と脅されました(笑)。

松田聖子『惑星になりたい』

#67_松田聖子『惑星になりたい』


 で、実際に聴いてみたんですが……いい、これはいい! 全盛期を彷彿とさせる聖子ちゃんの王道メロディに、現代的なアレンジのマッチングが完璧すぎます。もう、サイコーじゃん!!

 実はこの曲って、聖子ちゃんの名曲『赤いスイートピー』『渚のバルコニー』などを共作していた松本隆さん(作詞)、松任谷由実さん(作曲/呉田軽穂名義)が再びコラボして作ったものなんだって。そして楽曲のアレンジを手がけたのは、なんと中田ヤスタカさん。この曲がどこかPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅを連想させたのは、そういう理由だったんだね~。

 でも、ヤスタカさんは聖子さんのボーカルをあまりいじってないんだ。Perfumeときとかはガンガンいじるじゃない? でもこの『惑星になりたい』では聖子さんの声にはほとんど触れていない。

 楽曲ラストのところでボコーダー/ロボットボイス化した聖子ちゃんの声がちょっとだけ聴こえてくる程度だね。なぜこうなったかというと、それは中田さんの、聖子ちゃんに対するリスペクトがあったからじゃないかな? やっぱり聖子ちゃんの最大の魅力は、その“声質”や“歌唱法”にあると思うんだ。そこは手をつけない、ということをこのレコーディングでは考えていたんじゃないかな?

 でも聖子ちゃんも周辺のスタッフも、あえて中田ヤスタカさんをアレンジャーに選んだというのは大きな冒険だったと思う。中田さんのベースにはテクノやエレクトロ、EDMがあるわけだからね。でもその采配は、結果、大成功! 昔の聖子ちゃんのイメージを崩さず、今の時代にマッチするものが出来上がってしまったんだからね。

 中田ヤスタカさんがサウンド・プロデューサーを務める聖子ちゃんのアルバム、聴いてみたいなぁ。1枚だけでいいから作ってくれないかなぁ。関係者の方々、ぜひご検討を!

(構成・文/尾谷幸憲 協力/バラン野島)


<INFORMATION
マーティが脳科学者・茂木健一郎氏とトークセッション!
「ジャンルを超えろ!」をテーマに予測不能なボーダーレストークバトルを繰り広げる!?
 
開催日時:2016年1月19日(火)・19時~
会場:新宿ReNY(レニー) 03-5990-5561 東京都新宿区西新宿6-5-1 アイランドホール2階
問い合わせ:朝日カルチャーセンター
(03-3344-1948)
http://www.asahiculture.jp
 

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

【公式HP】http://www.martyfan.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
          

関連ニュース

連載/特集の関連ニュース