ライブレポ

〝武藤彩未最後の勇姿〟残された時間を噛み締めたLIVE

2015年12月26日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015年12月23日 東京・赤坂BLITZにて開催された武藤彩未 X’mas Special LIVE「A.Y.M.X.」ライブレポート前編。

 1週間前に芸能活動休止が発表されたため、本公演が事実上のラストライブとなる。そんな彼女の勇姿を見届けようと、多くのファンが赤坂BLITZに大集結した。会場内には開演前から、ラジオ番組風に思い出の楽曲をチョイスする『A.Y.M.Radio!!』が流されている。MICHAEL JACKSONの『Beat It』や、松田聖子を好きになったきっかけになった曲 『ハートのイアリング』、ラストはさいたまスーパーアリーナに立った時のエピソードを交えて、可憐Girl'sの『Over The Future』が紹介された。

 キラキラしたオーナメントで装飾されたステージに、サンタクロースをイメージした赤いワンピースと帽子を着用した武藤が現れる。1曲目はサポートバンドメンバーであるnishi-ken(Key)、山本陽介(G)、野田耕平(B)、髭白健(Dr)の演奏で『ミラクリエイション』から本編スタート。POPな楽曲に合わせて無邪気に踊る。『Doki Doki』では、クリスマスツリーを彷彿とさせる緑のスポットライトを浴びながら、10代のエネルギッシュなパワーを会場いっぱいに振りまいていた。

 続く『Daydreamin’』では空気が一変。会場は暗転し、レーザービームが放たれる。テンポが速く難易度が高い楽曲だが、一語一語、正確に歌詞を届けていく。歌唱力の高さもさることながら、歌詞の聞き取りやすさにも驚くばかりだ。武藤が作り上げる歌の世界に、我々も惹きつけられてしまう。

 「今日はすっごく緊張していました。悲しくないけど、泣いちゃうかもしれない。でもやっぱり、明るく元気に終わっていきたい! 今日はいつもより長いです。オリジナル楽曲、全部詰め込んできました! 盛り上がる準備は出来てますか?」と力強く笑顔で開幕宣言すると、『SEVENTEEN』、そしてミラーボールの煌めく中で代表曲『宙』を歌い切り、会場を熱狂させる。『時間というWonderland』からは幾何学模様のワンピースに衣装チェンジし、「後ろに大きなリボンがついてるんです」と、ステージをくるっと一周してみせた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 武藤彩未