ライブレポ

武藤彩未。活動休止前ラストライブ、それはつかの間のサヨナラ

2015年12月27日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武藤彩未 X'mas Special LIVE「A.Y.M.X.」@赤坂BLITZ ライヴレポート 2015.DEC.23

 武藤彩未が、今年を締めくくるクリスマスライブを恒例の赤坂BLITZで行った。急きょ活動休止を発表し、当面これが最後のライブとなった当日の模様をお届けする。
 


 今年もあと1週間と押し迫ったクリスマスイブイブの天皇誕生日。大きなツリーに彩られ、クリスマスムードに包まれた赤坂サカスエリアにあって、ライブ会場となる赤坂BLITZ周辺はちょっと特別な雰囲気が漂っていた。ちょうど1週間前のテレ朝配信番組LoGiRLにおいて、武藤が同ライブをもって活動一時休止することを発表したのである。ライブ活動によって少しずつファンの数を増やし、先月にはプロデューサーの本間昭光氏の生誕50年イベント「本間祭2015~これがホンマに本間の音楽祭~」に出演して新たなるファンも獲得。2016年に向けて勢いも加速させた矢先での活動休止発表である。武藤は「次のステップに上るための前向きな休止」と説明したが、ファンの心情はここ1週間、不安に包まれ浮き足立っていた。

 武藤が今後どのような期間を経てファンの前に戻ってくるのか。休止期間は短期間なのか、それとも1年を超えるようなものになるのか。いずれにせよ、これで当分の間、武藤のライブを見ることはできない。チケットの売れ行きは当日券が出ないほどとなり、物販の列も寒い中早朝から長蛇の列となった。

 武藤にとっては慣れ親しんだ会場である赤坂BLITZ。ステージは下手よりベース、ドラムス、キーボード、ギターと機材が並ぶ。天井からは無数の星の飾りが吊され、クリスマスムードを演出している。17時40分、続々と観客が入場する中、武藤自身がDJを務める「彩未ラジオ」がスタート。LoGiRLでのパートナーである清野茂樹氏を相手に、武藤が最近聞いているプレイリストを紹介するという趣旨のプログラムが場内に流される。

 武藤お気に入りの洋楽・邦楽の楽曲が流され、4曲目に紹介されたのはスピカの夜の『SPICA』。武藤とはかつて可憐Girl'sでともに活動していた島ゆいかと、さくら学院の卒業生で後輩の飯田來麗のユニットで、フロアからは歓声と手拍子も起きた。そして12月は武藤の周りで誕生日を迎える人が多く、ライブ当日が17歳のバースデーであるさくら学院の後輩・佐藤日向を祝してハッピーバースデーが歌われ、フロアのファンたちからも「おめでとう!」の歓声が上がった。

 さて、武藤の敬愛する松田聖子の楽曲から紹介されたのはシングルヒット曲『ハートのイアリング』。武藤が松田聖子の楽曲を好きになったきっかけの曲で、イントロを聴いただけで惚れたとのことだ。武藤は、松田聖子の楽曲でカバーライブをやりたいと願望を語って拍手をもらった。

 そして最後の曲は、武藤にとって音楽を始めた原点の曲。「この曲があったから今の自分がある」と語る可憐Girl'sの『Over The Future』だ。「今の私も言い聞かされているようで、強くならなきゃと思える」と語る同曲が流されると、フロアはまるでライブが始まったような盛り上がりを見せた。

 30分を超えるラジオ形式でのDJはここで終了。18時14分、そのまま続けてライブ突入だ。武藤は「(今日のライブは)いつもより長いんですよ、最初からとばしていきたいと思います!」と宣言してライブをスタートさせた。

 いつも通りナウシカのテーマに合わせ、場内は大きな手拍子。その中、バンドメンバーに続いて武藤が姿を現すと、場内は割れんばかりの大歓声に包まれる。サンタ風の赤い衣装に小さなとんがり帽子姿がキュートな武藤。ライティングに照らされた天井の星たちがキラキラとカラフルに輝く。

 最初の曲は『ミラクリエイション』。温かく幸せな気分になれるサウンドで、まさにクリスマスが似合う曲だ。いつものようにライブが出来る喜びに満ちあふれた笑顔の武藤。緊張からか、声が少し震えているようだ。そんな武藤を勇気づけるように、フロアはファンの手拍子で包まれる。

 ノンストップで次の『Doki Doki』へ。ファンのかけ声も大きくなり、グリーンのレーザー光線が飛び交う『Daydreamin'』では早口の歌詞を大人っぽく歌い上げる。いつもより少し妖艶な雰囲気の武藤の姿に目を奪われる。

 セカンドアルバムからの3曲でフロアを温めた武藤の最初のMC。「すっごい緊張したけど、皆さんの顔を見れて、やっと今現実を見てます」と語ると、場内は笑い声に包まれる。そして、「悲しくないけど、泣いちゃうかも知れない。その時は放っておいてください」と笑いを誘い、「皆さんも泣きたいときは泣いてもいいんだよ?」と続けて拍手をもらう。

 「今日はいつもより長いです、オリジナル楽曲全部詰め込んできました!」と盛り上げ、『Seventeen』がスタート。何かが始まる予感に包まれたワクワクするような楽曲。武藤のキュートで元気なダンスをフリコピするファンも多い。

 透き通るような青いライティングの下で始まった『宙』。浮遊感のあるキーボードサウンドに乗せて、サビの部分をしっとりと歌う武藤。ゆったりとしたパートでの感情の乗せ方も、いつの間にか大きく成長したと感じる。宇宙空間の広がりを思わせるようなライティングの中、武藤の歌の世界へワープさせられるような錯覚を覚える。いつの間にかこんな素敵なライブ空間を作り出せるようになったんだなと、心にこみ上げてくるものを感じる。

 そして『未来へのSign』がスタート。「届けたいのは涙じゃなくサヨナラじゃなくSmile」と歌う歌詞は、まさに今の武藤の心の内をそのまま歌っているようで、目頭が熱くなってくる。いつの間にか武藤の頬も涙に濡れている。このライブを区切りに活動休止に入る武藤だが、それはつかの間のサヨナラ。その先に明日があるんだとわかっていても涙がこぼれてくる。「未来からのGOOD BYE MY DAYS」と歌い宙を指さす武藤の明日は、きっと彼女と彩未ファミリーとで再会を喜び合える希望に満ちたものとなるハズだ。


次ページは、武藤からファンへ、クリスマスプレゼント!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 武藤彩未