インタビュー

乃木坂46 中元日芽香&寺田蘭世対談 未公開ver.「私たちのひみつ」

2016年01月30日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 月刊エンタメ2月号にて、2015年のアンダーの活躍ぶりについて語ってくれた中元日芽香&寺田蘭世。2015年にグッと距離が縮まった2人のラブラブぶりが紙幅の都合で掲載しきれなかったので、エンタメNEXT特別編として未公開バージョンをお届け!

中元日芽香(左)
なかもと・ひめか/1996年4月13日生まれ/O型/158cm

寺田蘭世(右)
てらだ・らんぜ/1998年9月23日生まれ/血液型不明/155cm

——仲がいいことで知られている中元さんと寺田さんですが、互いのいいところを紹介し合ってもらえますか?

寺田 中元さんの第一印象は「努力家」なんです。アンダーライブ2ndでひとりMCのために下準備をしている姿を見て感じました。中元さんを応援していたので、アンダーのセンターになった時はうれしかったです。私もしっかりと努力を重ねて上にいきたいなと思っているので。

中元 蘭世は私と似てるところがあるのかなと勝手に思っていて……違ったらごめんね! 不器用なんだけどまっすぐというか、理想に向かって一直線なんです。それと、こんなにかわいいのに自分のことをけちょんけちょんに言う。自信を持ってほしいんだけど、そういうところも好きですね。

——自虐的なところも似ているかもしれません。

中元 そう……ですか(笑)。確かに2人で傷をエグリあってる。アハハハ。

寺田 今度は褒め合う会をしましょう(笑)。

——パフォーマンス面はどうでしょう?

中元 私は気分のままに踊ってしまうから、まわりと合わないことが多いんです。私がめっちゃ首を振ってた時、蘭世はしなやかでスタイリッシュに踊って「曲に合ってるな」と思ったこともあって。蘭世の歌声も好きですね。

寺田 体型やツインテールでかわいい声をイメージされがちだけど、意外とハスキーなんですよ。カサカサな声だから、みんなに「え?」と思われちゃう(笑)。中元さんのパフォーマンスは初めて観た時から「すごい!」と思ってました。自分は動きが小さいと言われることが多いので、中元さんのダンスを参考に「この関節をこう動かせばいいんだな」と勉強してます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: 乃木坂46