ライブレポ

卒業に向けて“未完成”から“完成”を目指す さくら学院2/13ライブ夜公演レポート

2016年02月26日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくら学院『The Road to Graduation 2015 ~Happy Valentine~』夜公演@赤坂BLITZライヴレポート 2016.FEB.13


 昼夜2公演で行われたさくら学院のバレンタインライブ『The Road to Graduation 2015 ~Happy Valentine~』。いよいよ卒業式が近づいてきた雰囲気も感じられ始めた昼公演に続いて18時に開演した夜公演の模様をお届けする。

想いは12人分!父兄に届ける、バレンタインプレゼント さくら学院2/13ライブ昼公演
 


 夜公演の開場を待つ17時。日はすっかり落ち、昼公園前の陽気が嘘のように肌寒くなった赤坂BLITZ周辺。そんな寒気を吹き飛ばすかのように、会場前の父兄たちは昼公演の感想や、夜公演のセットリスト予想など熱い会話で時を過ごしている。会場内に入るとステージ上は昼同様シンプルなセットで、背景に掲げられた大きな黒と白のさくら学院フラッグが目立っている。昼同様、体調不良で欠席する中等部1年の麻生真彩を欠いた11人でのステージ。今回は果たしてどんな成長した姿を見せてくれるのか?

 山出愛子による鹿児島弁訛りが可愛らしい場内アナウンスの後、ステージは18時15分定刻にスタート。暗いステージに現れた生徒の影はひとり。生徒会長の磯野莉音だ。どよめくフロア。音楽がスタートすると、磯野は他の生徒たちをステージへ呼び込む。『My Graduation Toss』だ。思えば昨年度のバレンタインライブの夜の部も同曲でスタートしたが、やはり卒業ソングでのライブ開始は意表を突かれるし、「ああ、いよいよ近づいてきた……」という思いも強まってくる。かつては中元すず香が担っていたソロのパートを大賀咲希が歌うと、場内は大歓声に包まれる。今年度は大賀のソロパートに魅了される機会が多く、彼女の成長が感じ取れた1年になった。磯野、大賀、そして白井沙樹の中等部3年の3人を中心とした今年度のさくら学院のレベルの高さは、この1曲に集約されている。

 続いては『負けるな! 青春ヒザコゾウ』。フロアの手拍子に包まれ、元気に点呼する11名。麻生の部分だけ欠けてしまうが、その分彼女の存在の大きさを強く感じることが出来る。小等部5年の小柄な藤平華乃や吉田爽葉香の背伸びする姿が微笑ましく、来年度以降の伸びしろの大きさを予感させてくれる。「ハロー!」という元気な声に、フロアが「アイビー!」と応え、『Hello ! IVY』が始まる。今年度から変わった、間奏部分でのフラッグの振り方も、父兄たちはすっかり慣れたようだ。

 自己紹介のお題は「最近ハマっているもの」。吉田が「ハマっているのは、チアシードをヨーグルトに入れること」と自己紹介すると、チアシードを良く知らない父兄たちは微妙な反応(笑)。磯野が「調べてみて下さい」と返すと笑いに包まれた。岡崎百々子は「最近、知育菓子にハマってる」ことをアピール、倉島颯良が「勉強に役立つ……」と始めると場内は「おおっ!?」と期待感に包まれるが、倉島は「……形の可愛いクリップを集めること」と続けて笑わせた。大賀は「教育委員長期待しちゃった」と苦笑いだ。日髙麻鈴は「ハンドメイドのアクセサリーを作ること」と、昼公演での手作りチョコエピソードとは違った正統派の女子力ネタを披露した(笑)。

 MCに続いては『チャイム』だ。楽しみがこれから始まる予感に包まれた楽曲で、まだまだ卒業のしめっぽい雰囲気にはさせないぞ!ということなのかと思いきや、その次には『君に届け』を持ってきてウルッとさせる。昨年度のアルバムのタイトル曲で、今年度は仲間や応援してくれる父兄たちに感謝の気持ちを届ける歌として歌われてきた。生徒たちのそんな想いに触れるたびに、感謝を伝えなければならないのは自分たちの方だという気持ちを強くする。彼女たちの前向きな姿や日々成長していく姿に、皆元気と勇気をもらっているのだ。


次ページは、生徒のバレンタインエピソードに父兄ドキドキ?!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ: さくら学院